コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルコレプシー ナルコレプシー narcolepsy

翻訳|narcolepsy

6件 の用語解説(ナルコレプシーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナルコレプシー
ナルコレプシー
narcolepsy

居眠り病ともいう。昼間,なんの前ぶれもなしに突然生じる短時間睡眠発作と,情動に誘発されて突然起こる脱力発作を主症状とする。ほかに入眠時幻覚睡眠麻痺などがみられる。古くはてんかんと類縁の疾患と考えられていたが,1880年フランスJ.B.E.ジェリノーによって,まったく別個の神経疾患として,この病名が提唱された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ナルコレプシー(narcolepsy)

突然激しい眠気におそわれ、短時間眠り込んでしまう病気。驚きや笑いに伴う脱力や、入眠時の幻覚、覚醒時の金縛り状態といった症状のみられることもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナルコレプシー

睡眠異常の一種。昼間突然耐えがたい眠気を催し,眠りに陥ってしまう発作を主症状とする。睡眠発作は数分〜数十分持続し,自然睡眠後のように覚醒(かくせい)するが,夜間はむしろ睡眠障害を訴える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナルコレプシー【narcolepsy】

レム睡眠と密接な関係がある病気。narcolepsie(フランス語)という言葉はフランスのジェリノーJ.Gélineau(1859‐1928)による造語(1880)で,ギリシア語のnarkē(麻痺の意)とlēpsia(発作の意)とを合成したもの。ときに〈居眠り病〉と邦訳される。病因は不明であるが,睡眠発作,情動性脱力発作,睡眠麻痺,入眠時幻覚を4主症状とし,これに夜間の頻回の中途覚醒を加える。ただし,これら4主症状がすべてそろうものは少ないが,睡眠発作は必発である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ナルコレプシー【narcolepsy】

突然激しい眠気を催し、眠ってしまう発作を主な症状とする病気。入眠時に鮮明な幻覚を見たり、金縛り状態に陥ったりする症状を伴うこともある。病因は不明。居眠り病。睡眠発作病。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナルコレプシー
なるこれぷしー
narcolepsy

睡眠障害のうちの代表的な睡眠過剰(過眠症)で、居眠り病ともよばれる。10歳代の中ごろにもっとも多くみられる原因不明の症候群で、日中におこる過度の眠気、あるいは短時間の睡眠発作、カタプレキシーcataplexy(情動性脱力発作)のほか、入眠時幻覚や睡眠麻痺(まひ)を主症状とし、夜間の睡眠障害もしばしばみられる。カタプレキシー、入眠時幻覚、睡眠麻痺はいずれもレム睡眠関連症状であり、これを抑制する薬物療法(抗うつ薬のイミプラミンなど)によって比較的改善しやすいが、睡眠発作や夜間の熟眠困難などの睡眠‐覚醒(かくせい)リズムの異常は長期間持続する。[懸田克躬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のナルコレプシーの言及

【アンフェタミン】より

…1930年にアメリカで発見され,3年後にこれがエフェドリンの3倍も強い中枢神経興奮作用をもっていることがわかった。35年に初めて臨床で使われ,ナルコレプシー(発作的眠り病)に効いた。やせ薬や,子どもの多動症(微細脳損傷,MBD)を抑える薬としても使われるが,鬱(うつ)病には効かない。…

【幻視】より

…精神分裂病にもみられるが幻聴にくらべると少ない。ナルコレプシーの睡眠発作の際の入眠時幻覚では恐怖を伴う幻視が知られている。そのほか視神経から脳の視覚中枢にいたる系路が侵されても幻視がおきるが,その内容は多くは要素的(閃光,単純な図形)なものである。…

※「ナルコレプシー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナルコレプシーの関連キーワードノンレム睡眠レム睡眠REM睡眠逆説睡眠パラ睡眠REMレム睡眠行動障害レム睡眠とノンレム睡眠睡眠ポリグラフィ沖浜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナルコレプシーの関連情報