コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルディーニ ナルディーニ Nardini, Pietro

3件 の用語解説(ナルディーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナルディーニ
ナルディーニ
Nardini, Pietro

[生]1722.4.12. リボルノ
[没]1793.5.7. フィレンツェ
イタリアバイオリニスト,作曲家。 G.タルティーニの高弟。 1753~67年シュツットガルトの宮廷で独奏者と合奏長をつとめたのちイタリアに帰り,70年トスカナ大公の宮廷楽団の合奏長に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナルディーニ【Pietro Nardini】

1722‐93
イタリアのバイオリン奏者,作曲家。タルティーニの一番弟子シュトゥットガルトで活躍した後,1769年からはフィレンツェでトスカナ公家宮廷楽長を務めた。美しい旋律,表情豊かで優雅な作風,名人芸的な技巧で知られる作品には,バイオリンのための協奏曲ソナタ二重奏曲,独奏曲のほか,弦楽四重奏曲室内楽曲がある。ソナタでは,師の用いた緩急急の3楽章形式を踏襲しているが,拡大された第2楽章は古典派のソナタ形式に近づいている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナルディーニ
なるでぃーに
Pietro Nardini
(1722―1793)

イタリアのバイオリン奏者、作曲家。1734~40年パドバでタルティーニに師事したのち、故郷リボルノで活躍したが、62~65年シュトゥットガルト宮廷楽団に属し、69年にはフィレンツェの宮廷楽団楽師長となり、93年に同地で没するまでその地位にとどまった。バイオリン協奏曲やトリオ・ソナタバイオリン・ソナタを多数残したが、とくにカンタービレの美しさで知られたバイオリンの名手であった。レオポルト・モーツァルトはそのバイオリン演奏の「音の美しさ、純粋さ、均質性」を称賛している。[樋口隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナルディーニの関連キーワードクロイツェル・ソナタジェミニアーニシュポーアタルティーニベラチーニタルティーニ広場24のカプリースパパのバイオリンクールバーグロカテリ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナルディーニの関連情報