コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナービー Nâbî Yusuf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナービー
Nâbî Yusuf

[生]1642. ウルファ
[没]1712.4.12. イスタンブール
オスマン帝国の詩人宮廷文学の第一人者。 1665年 23歳のときにイスタンブールに出て廷臣ムスタファ・パシャに仕えたが,彼の死後,25年間アレッポに滞在して多くの詩を書いた。作風はペルシア的で,哲学的詩人といわれる。彼の教訓的な詩句は現在も暗唱され親しまれている。『詩集』 Divân (1841) により「詩人の王」と呼ばれた。ほかに,息子ハイルに教訓として残した『ハイリエ』 Hayriye (57) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナービー
なーびー
Nb
(1642―1712)

オスマン帝国の詩人。東部アナトリアの生まれ。1665年イスタンブールに出て、廷臣ムスタファ・パシャの書記となり、彼の死後、アレッポに25年間滞在した。作品の大部分はその間に書かれたものである。代表作『詩集』はオスマン宮廷文学の傑作に数えられるが、感情より思考に訴える哲学的な詩人で、詩句の多くは今日でも諺(ことわざ)のように使われている。また、息子への処世訓『息子への忠告』は当時の人々の世界観、人生観を示す貴重な書である。[永田雄三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナービーの関連キーワードピルスナートルコ文学サムナー預言者預言書ナビ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android