コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーランダ遺跡 ナーランダいせきNālandā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーランダ遺跡
ナーランダいせき
Nālandā

インド北東部,ビハール州中部のビハールシャリーフ南西にある仏教遺跡。ナーランダの歴史は仏教の開祖である釈迦ジャイナ教の開祖であるマハービーラの生きた時代に始まる。5世紀のグプタ朝時代に仏教の那爛陀寺(ならんだじ)が設けられ,7世紀に玄奘義浄が留学して仏教教理を学び,中国,東南アジア諸国からも多数の僧が留学した。12世紀末頃にイスラム教徒に侵略されるまでナーランダはインドの後期仏教の密教学(→密教)の中心地であった。1915年以来インド考古局の発掘により,僧院や寺院の遺構が明らかにされ,2016年世界遺産の文化遺産に登録された。出土遺品はグプタ朝からパーラ朝にわたるが,特にパーラ朝の密教彫像が優れている。パーラ朝美術を代表する密教美術の特色は,尊像の種類が著しく増加したことと,各尊の像容が厳密に定められたことである。文献資料としては成就法を集録した『サーダナマーラー』が重要。最も種類の多い尊像は観音系(→観世音菩薩)で,文殊系(→文殊菩薩),多羅系(→多羅菩薩)がこれに続く。明王部では降三世明王,ヤマーンタカ(→大威徳明王),ヘールカ,天部ではジャンバラ(宝蔵神),マハーカーラ(→大黒天),マリーチー(→摩利支天)が彫像として制作された。彫像の体躯は細く華奢で,全体的にはマンネリズムが感じられる。ナーランダの優れた遺品としては遺跡の近くに立つマリーチー像,大塔基壇側壁を飾る観音立像などがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android