コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大威徳明王 だいいとくみょうおう Yamāntaka

6件 の用語解説(大威徳明王の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大威徳明王
だいいとくみょうおう
Yamāntaka

五大明王の一つで西方の守護神。この明王を本尊として行う修法を大威徳法という。6面,6臂,6足で忿怒形に表わされる。単独尊,または五大明王として造像されるときは,水牛に乗る姿が一般的。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいいとく‐みょうおう〔ダイヰトクミヤウワウ〕【大威徳明王】

《〈梵〉Yamāntakaの訳》五大明王の一。本地は阿弥陀如来で、西方を守護して、人々を害する毒蛇・悪竜や怨敵(おんてき)を征服するという。頭・腕・脚が六つずつあり、剣・鋒(ほう)・輪・杵(しょ)を持ち、怒りの形相をして火炎に包まれ、水牛に乗る姿の像が多い。閻曼徳迦(えんまんとくか)。六足尊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大威徳明王 だいいとくみょうおう

密教の明王。
阿弥陀(あみだ)如来の化身で,生あるものを害するすべての毒蛇悪竜,怨敵(おんてき)を打ちたおす。六面六臂(ろっぴ)六足の忿怒(ふんぬ)相で,水牛にのる。日本では平安時代後期から戦勝祈願のため信仰された。比叡山(ひえいざん)延暦(えんりゃく)寺,京都大覚寺などの像が有名。五大明王のひとつで,西方を守護する。六足尊とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

だいいとくみょうおう【大威徳明王】

サンスクリット名Yamāntaka。焰曼徳迦,降閻魔尊,聖閻曼徳迦威怒王,六足尊ともいう。五大明王の一尊で,西方の尊像として意味づけられる。形像は《大日経疏》その他に説かれ,六面六臂六足で水牛に乗る。肉身は青黒色で火焰が身体を包み,忿怒の表情を見せ,左右6本の手には戟(ほこ)と剣,弓と箭(や),索と棒を持つ。現存作品の中には,獣座となる水牛が座り,尊像がまたがるものが大半を占めるが,疾走する水牛の背に片側の3本足で立ち,箭を射る姿勢を見せる像が絵画に数例だけ見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だいいとくみょうおう【大威徳明王】

〘仏〙 五大明王の一。阿弥陀を本地とし、西方を守るとされる。衆生しゆじようを害するいっさいの毒蛇・悪竜を征服するという大威徳ある明王として、戦勝祈願・怨敵調伏の修法の本尊として信仰された。手足を各六本有し、手には各種の武器を持つ。六面の顔には怒りの表情を浮かべ、白牛に乗る。降閻魔尊。六足尊。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大威徳明王
だいいとくみょうおう

五大明王の一つ。西方に配する。八大明王の一尊でもある。サンスクリット語ヤマーンタカyamntaka(閻曼徳迦威怒王)という。現図(げんず)両界曼荼羅(まんだら)の胎蔵(たいぞう)界では持明(じみょう)院に配する。像容は六面六臂(ぴ)六足で水牛に乗じ、三つ目で髑髏(どくろ)を瓔珞(ようらく)とする。『勝軍(しょうぐん)大威徳明王法』では戦勝を祈願する。唐招提(とうしょうだい)寺蔵の画像は水牛の背上に立つ異形。牛伏(ごふく)寺(長野県)、石馬(いしば)寺(滋賀県)には独尊の彫像がある。[真鍋俊照]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大威徳明王の言及

【ウシ(牛)】より

…同様の意味づけは地中海から西アジアまで広がるが,牛はとくにインド神話において重要な役を演じ,今日でも,その力(運搬,農耕),乳,排泄物(燃料など)をもって人間に大きい恩恵を施す神聖な動物とされている。またヒンドゥー教ではシバ神の聖獣であり,ひいては仏教でも大威徳明王の乗物ともなっている。聖獣としての牛はしばしば雄牛であり,これはその強い力と湾曲した角(三日月と同形)ゆえにとくに意味をもつのであろう。…

※「大威徳明王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大威徳明王の関連キーワード阿弥陀経サンスクリット劇サンスクリット語サンスクリット文学悉曇Yamāntaka古典サンスクリットサンスクリット化《サンスクリット大辞典》《サンスクリット文法》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大威徳明王の関連情報