コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

降三世明王 ごうさんぜみょうおうTrilokavi-jaya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

降三世明王
ごうさんぜみょうおう
Trilokavi-jaya

明王の一つ。大自在天 (シバ神) がみずからを三世界の主と称して毘盧遮那仏の教令に従おうとしないので,毘盧遮那仏の命を受けて金剛手菩薩が忿怒身を現じて大自在天を降伏したが,その忿怒身を降三世明王という。すなわち金剛界大日如来の教令輪身 (命令を実行するもの) であるから,胎蔵界大日如来の教令輪身である不動明王と並んで大いに尊重された。像容にはいろいろあるが,上述の因縁により,大自在天とその妃烏摩 (ウマー) を足下に踏みつけているのが普通である。教王護国寺に最古の像がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごうざんぜ‐みょうおう〔ガウザンゼミヤウワウ〕【降三世明王】

《〈梵〉Trailokyavijaya Vajrhūṃkaraの訳》五大明王の一。東方に位し、3世にわたる三毒を降伏(ごうぶく)させるところからこの名がある。像は普通三眼で、四面八臂(はっぴ)、怒りの表情をし、火炎を背に負い、足下に大自在天と烏摩妃(うまひ)を踏みつける姿に表す。降三世。勝三世明王。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

降三世明王 ごうざんぜみょうおう

密教の明王。
阿閦(あしゅく)如来の化身として,(とん),瞋(じん),痴(ち)の三毒をおさえしずめる。三面または四面八臂(はっぴ)の忿怒(ふんぬ)相で,大自在天とその妃の烏摩(うま)をふみつける姿をとる。京都の教王護国寺,醍醐(だいご)寺の像が有名。五大明王のひとつで,東方を守護する。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごうざんぜみょうおう【降三世明王】

サンスクリット名Trailokyavijaya。五大明王の一尊で,東方阿閦(あしゆく)如来の忿怒身とも,金剛薩埵(さつた)の変身したものとも説かれる。形像は通例は三面八臂あり,胎蔵界曼荼羅五大院の像は蓮華座の上に座るが,《大教王経》に説くように両足で大自在天と烏摩妃を踏む立像である。八臂は,左右第1手が胸前で印を結び,他の左3手はそれぞれ索・弓・三鈷戟,右3手はそれぞれ箭・剣・三鈷鈴を持つ。この尊を本尊として降三世法が修される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごうざんぜみょうおう【降三世明王】

Trailokyavijaya〕 五大明王の一。東方に配され、貪とん・瞋じん・痴の三毒を滅ぼすとも、三界を降伏ごうぶくするともいう。通常は四面八臂はつぴの怒りの姿で、左足で大自在天を、右足でその妃烏摩を踏む。降三世。月黶尊げつえんそん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

降三世明王
ごうざんぜみょうおう

五大明王の一尊で、東方に配置される。サンスクリット語のトライロークヤビジャヤTrailokyavijayaの意訳。貪(とん)・瞋(じん)・痴(ち)の三毒を降伏(ごうぶく)し、不動に次いで重視される。足下に大自在天(ヒンドゥー教のシバ神)とその妃ウマー神を踏む。『大日(だいにち)経』では勝三世(しょうさんぜ)とも呼称し、普通は三面八臂(はっぴ)であるが、二臂、四臂の異形が多い。五大明王を除く作例では、金剛寺(大阪府河内長野(かわちながの)市)の坐像(ざぞう)が知られる。[真鍋俊照]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

降三世明王の関連キーワードナーランダ遺跡尊勝曼荼羅金剛索密教

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android