コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニイニイゼミ ニイニイゼミ Platypleura kaempferi

4件 の用語解説(ニイニイゼミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニイニイゼミ
ニイニイゼミ
Platypleura kaempferi

半翅目同翅亜目セミ科。体長 (翅端まで) 35mm内外。体は短太,やや扁平で緑褐色を帯び,体表に黄白色の微毛が生えている。頭部は短く,前胸より幅が狭い。前胸側縁は角張って突出する。中胸背は黒色で中央に褐色のW字状の紋がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニイニイゼミ

半翅(はんし)目セミ科の昆虫の1種。体長(翅端まで)35mm内外,暗黄緑色に黒斑がある。日本全土に普通で,朝鮮,中国〜マレーボルネオに広く分布する。成虫は6月下旬から出現し9月ごろまでみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ニイニイゼミ【Platypleura kaempferi】

半翅目セミ科の昆虫。〈閑さや岩にしみ入(いる)蟬の声〉に詠まれているセミとして有名で,梅雨明けとともに現れる。小型で,体は扁平,前胸側方は三角形に張り出す。前翅は広い暗灰色部と透明部があり,後翅は黒色で翅縁は透明。体長20~26mm,前翅の開張65~73mm。中国,朝鮮半島,台湾,日本全国に分布し,日本での南限は沖縄本島である。平地から山地にかけて見られ,6月末から9月初めにかけて出現するが,7月後半にもっとも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニイニイゼミ
にいにいぜみ
[学]Platypleura kaempferi

昆虫綱半翅目(はんしもく)同翅亜目セミ科Cicadidaeに属する昆虫。体長20~26ミリメートル、同翅端まで32~38ミリメートル。体はやや扁平(へんぺい)で、頭部、胸部は緑褐色に黒色紋がある。前胸背側方は三角形状に広がる。前翅には灰褐色の大きな雲状紋があり、後翅は透明な周縁部を除き黒色。北海道から琉球諸島(りゅうきゅうしょとう)にかけて分布し、各地に普通にみられ、朝鮮半島、中国大陸、台湾にも知られる。7~8月に出現し、チーと鳴く。1世代は4年と推定される。脱皮殻は球形に近く、表面は泥で覆われる。日本にはほかに、クロイワニイニイP. kuroiwae、ヤエヤマニイニイP. yayeyamanaなど4種が知られ、いずれも南西諸島固有種である。対馬(つしま)には秋遅くに出現する独特なセミ、チョウセンケナガニイニイSuisha coreanaが知られる。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニイニイゼミの関連キーワードアブラゼミチッチゼミ同翅類ヒメハルゼミ木虱熊蝉角蝉オガサワラゼミツクツクホウシ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニイニイゼミの関連情報