コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニカの乱 ニカのらんInsurrection of Nika

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニカの乱
ニカのらん
Insurrection of Nika

532年1月ビザンチン帝国の首都コンスタンチノープルの市民がユスチニアヌス1世に対して起した反乱。大競技場で行われる4頭馬車競技の応援団体である青党と緑党の2団体 (→デーモイ ) は,日頃の重税と警察の不当な取締りを訴えた。そしてこれに対する皇帝の返答を不満とし,「ニカ! (勝て!) 」を合言葉に大競技場を本拠に暴動を起した。大聖堂 (のちのハギア・ソフィア ) ,ゾイクシポス浴場,王宮の一部などに放火し,先帝アナスタシウス1世の甥を反対皇帝に選出,首都は一時無政府状態に陥った。退位を決意した皇帝は皇妃テオドラの激励によりこれを思いとどまり,将軍ベリサリウスは近衛隊を指揮し,大競技場の暴徒鎮圧に成功した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニカの乱
にかのらん

532年、ビザンティン帝国の首都コンスタンティノープル(現イスタンブール)を無政府状態に陥れた騒乱。ユスティニアヌス1世(在位527~565)は、即位前に、彼の政治的・宗教的政策を支持する民衆グループ青派factio venetaを保護し、緑派factio prasinaと対立したが、帝位につくと、政治上の圧力となる党派行為を弾圧するようになった。532年1月10日、大競技場で青、緑両派の争いが起こり、処刑者が出たが、皇帝に対する減刑嘆願がいれられないため、競技終了後両派は合流、「ニカNika(勝利)」を合いことばに街に繰り出し、放火に及んだ。騒乱に乗じ、反皇帝派の元老院議員らは、故アナスタシウス帝の甥(おい)ヒパティオスを反対皇帝に擁立した。ユスティニアヌス1世はトラキアへの逃亡を企てたが、皇妃テオドラの諫言(かんげん)により思いとどまり、反皇帝派を急襲させ、これを総崩れにした。ヒパティオスを処刑し、当の元老院議員18人の家財を没収し、ようやく乱を鎮圧した。[和田 廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のニカの乱の言及

【テオドラ】より

…宮廷内外の人事,外交交渉,法令の発布などおよそ政務に関して皇帝から相談を受けないことはなかったといわれる。首都をほぼ10日間ゆるがせたニカの乱(532)では弱気な夫を励ましてこれを武力鎮圧させた。宗教的には国策とは逆の単性論を支持し,彼らの教会・修道院の建築,布教に多額の寄付をし単性論派の領土の離反を防いだ。…

【ビザンティン帝国】より

… ユスティニアヌス1世(在位527‐565)は,ゲルマン民族によって奪われた旧ローマ帝国西半部の再征服を行った(533‐555)が,他方540年以降ササン朝ペルシアと交戦状態に入らねばならなかった。同帝は国内では,首都市民の反乱(競馬場での騒乱に端を発したニカの乱)や,単性論派の東方諸属州住民の反抗と直面した。同帝の死後,競馬場での騒乱はますます激化し,東方諸属州との宗教上の不一致は,これら属州がアラブ・イスラム教徒の手に落ちるまで続いた。…

【ベリサリオス】より

…ビザンティン帝国の皇帝ユスティニアヌス1世の片腕となった名将。皇后テオドラの親任厚いアントニナが妻。プロコピウスの《戦記》で戦功をたたえられる。対ペルシア戦の指揮のほか,〈ニカの反乱〉(532)で皇帝の危急を救い,とくにユスティニアヌス1世の西方再征服ではアフリカのバンダル族(533‐534),イタリアの東ゴート族(535‐540)に対する遠征軍を指揮,いったん召喚された後ナルセスNarsēs(478ころ‐573)と交代するまで対ゴート戦を続行(544‐548)した。…

【ユスティニアヌス[1世]】より

…その結果エジプトのコプト教会,アルメニア教会,シリアのヤコブ派教会が東方教会として独立していった。内政的には長期の戦役と重税に対する市民の不満が爆発し,ニカの乱(532)が起きたりもしたが,皇妃テオドラの強力な諫言で乗り切り,以後は安定政権を維持できた。これを背景にビザンティン文芸史上の一大黄金期が生まれた。…

※「ニカの乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニカの乱の関連キーワードヨハネス[カッパドキアの]ユスティニアヌス(1世)ローマ史(年表)トリボニアヌスベリサリオス和田

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android