コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコシア ニコシアNicosia

翻訳|Nicosia

6件 の用語解説(ニコシアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコシア
ニコシア
Nicosia

キプロスの首都。ギリシア語ではレフコシア Levkosía,トルコ語ではレフコシャ Lefkoşa。北のキレニア山脈と,南のトロードス山脈の間に横たわるメサオリア平野中部,ペディエアス川に臨む標高 150mのところに位置する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ニコシア(Nicosia)

キプロス共和国の首都。10世紀以降キプロス島の中心地として発展。歴史的建造物が多い。小麦やぶどう酒の集散地。人口、都市圏22万(2006)。ギリシャ語名レフコシア、トルコ語名レフコシャ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ニコシア

キプロスの首都。島の北部にあり,付近のメサオリア平野は肥沃で農業,牧畜が盛んで,その集散・加工地。繊維・皮革・タバコ工場がある。島の北部を東西に結ぶ鉄道の要地で,国際空港もある。
→関連項目キプロス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニコシア【Nicosia】

キプロスの首都で,同名州の州都。人口18万6000(ギリシャ系地区のみ.1994)。キプロス島中部,キレニア山脈とトロオドス山脈とに挟まれた肥沃なメサオリアMesaoría平原中にある。小麦,ブドウオリーブ油アーモンド,かんきつ類,家畜の取引の中心地。ブランデー,タバコ,綿織物などの工業が立地している。東53kmにある外港はファマグスタ。古代にはレドラLedra,ビザンティン時代にはギリシア名でレウコシアLeukōsiaと呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ニコシア【Nicosia】

キプロス共和国の首都。ブドウ・タバコ等の集散地。円形の城壁や古い教会・寺院がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニコシア
にこしあ
Nicosia

地中海東部の島国キプロスの首都。ギリシア語ではレフコシアLevkosiaという。キプロス島北部のメサオリア平野の中央に位置し、ペディエアス川に面する。人口27万3642(2001)。周辺の肥沃(ひよく)な平野で生産される小麦、オリーブ、ぶどう酒、柑橘(かんきつ)類、家畜などの集散地で、たばこ、陶器、皮革、繊維などの軽工業が発達する。古くからこの地方の中心地の一つで、12世紀に十字軍の支配を受け、15世紀にベネチアの領土となり、16世紀にはオスマン帝国の統治下に入った。19世紀以後、キプロスはイギリスの植民地となり、ニコシアはその中心都市で、1960年の独立とともに首都となった。こうした歴史を反映して東西両文明の影響を示す建物が多く残されている。15~16世紀の城郭の内部にスレイマニエ・モスク、キプロス民芸博物館、考古学博物館などがあり、観光都市としても知られる。西方8キロメートルにニコシア空港があり、東方50キロメートルのファマグスタが外港となっている。[高橋和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニコシアの関連情報