コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコシア Nicosia

翻訳|Nicosia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコシア
Nicosia

キプロス首都。ギリシア語ではレフコシア Levkosía,トルコ語ではレフコシャ Lefkoşa。北のキレニア山脈と,南のトロードス山脈の間に横たわるメサオリア平野中部,ペディエアス川に臨む標高 150mのところに位置する。前7世紀に王国が存在し,4世紀には司教座が置かれ,10世紀頃から行政府の所在地となった。ビザンチン,フランスのリュジニャン王家,ベネチア人,トルコ,イギリスと次々と支配者が変わった。聖ソフィア大聖堂は,キプロスの歴史的,宗教的変遷をよく物語っている。 1209年に建設が開始され,1325年に完成した大聖堂は,そののち侵略者の略奪を受け,1571年にイスラム教のモスクに転換させられた。さらに 1954年,その名称はキプロスを征服したスルタンの名をとって,セリミエモスクと改められた。 1960年の独立とともに首都となった。ベネチア時代 (15~16世紀) の城壁に囲まれた周囲 5kmの城塞が中心となり,20世紀に建設された新市街が周辺に広がる。旧市街からも中世の建物はほとんど姿を消したが,聖ニコラス聖堂,大主教宮,イブリク・バザル,トルコ総督宮などが残る。経済的には,地域の農業を基盤とする商業,軽工業都市で,綿紡績,たばこ,製粉,清涼飲料水,製菓,衣類製造などが行なわれる。 1974年のキプロス紛争以来,市の北部は国連平和維持軍の管理地となっている。キプロス政府管理地の人口 23万1800(2008)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ニコシア

キプロスの首都。島の北部にあり,付近のメサオリア平野は肥沃で農業,牧畜が盛んで,その集散・加工地。繊維・皮革・タバコ工場がある。島の北部を東西に結ぶ鉄道の要地で,国際空港もある。
→関連項目キプロス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニコシア【Nicosia】

キプロスの首都で,同名州の州都。人口18万6000(ギリシャ系地区のみ.1994)。キプロス島中部,キレニア山脈とトロオドス山脈とに挟まれた肥沃なメサオリアMesaoría平原中にある。小麦,ブドウ,オリーブ油,アーモンド,かんきつ類,家畜の取引の中心地。ブランデー,タバコ,綿織物などの工業が立地している。東53kmにある外港ファマグスタ。古代にはレドラLedra,ビザンティン時代にはギリシア名でレウコシアLeukōsiaと呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ニコシア【Nicosia】

キプロス共和国の首都。ブドウ・タバコ等の集散地。円形の城壁や古い教会・寺院がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニコシア
にこしあ
Nicosia

地中海東部の島国キプロスの首都。ギリシア語ではレフコシアLevkosiaという。キプロス島北部のメサオリア平野の中央に位置し、ペディエアス川に面する。人口27万3642(2001)。周辺の肥沃(ひよく)な平野で生産される小麦、オリーブ、ぶどう酒、柑橘(かんきつ)類、家畜などの集散地で、たばこ、陶器、皮革、繊維などの軽工業が発達する。古くからこの地方の中心地の一つで、12世紀に十字軍の支配を受け、15世紀にベネチアの領土となり、16世紀にはオスマン帝国の統治下に入った。19世紀以後、キプロスはイギリスの植民地となり、ニコシアはその中心都市で、1960年の独立とともに首都となった。こうした歴史を反映して東西両文明の影響を示す建物が多く残されている。15~16世紀の城郭の内部にスレイマニエ・モスク、キプロス民芸博物館、考古学博物館などがあり、観光都市としても知られる。西方8キロメートルにニコシア空港があり、東方50キロメートルのファマグスタが外港となっている。[高橋和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ニコシアの関連キーワードゼムフィラ メフタヘジノワクリストファー ピサリデスG.J. クレリデスフセイン チャラヤンエレフテリアス広場世界のおもな博物館アルヌルフィスタ党世界のおもな美術館キプロスの要覧マカリオス3世ファマグスタ門ビュユックハンライキイトニアリドラス通りキプリアヌピサリデス北キプロスパフォスラルナカリマソル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニコシアの関連情報