ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(英語表記)nicotinamide adenine dinucleotide

大辞林 第三版の解説

生体内に多量に存在する補酵素の一。生体内で重要な酸化反応をつかさどる。 NAD 。ジホスホピリジンヌクレオチド( DPN )。補酵素 I (CoI)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

化学辞典 第2版の解説

C21H27N7O14P2(663.43).略称NAD.以前は補酵素Ⅰ(CoⅠ),あるいはDPN(ジホスホピリジンヌクレオチド)ともよばれた.下の表に示したような酸化還元酵素補酵素で,構造式は次のとおりである.NADは還元型基質から水素を受けとりそれを酸化し,還元型NAD(NADH)と H を生成する.NADの還元は次に示すようにニコチン酸アミドの部位で起こる.この反応は可逆的である.吸湿性の白色の粉末.水に易溶.酵母から単離されるが,ニコチンアミドモノヌクレオチドとアデノシン5′-リン酸との脱水縮合で合成される.NAD-31.5°(水).λmax 259 nm(ε 17.6×106).NADH:+14.8°(水).λmax 340 nm(ε 6.2×106).NADが関与するアルコール脱水素酵素の反応は次のように示される.

  CH3CH2OH + NADCH3CHO + NADH + H  

反応が右へ進行するとき340 nm の吸光度は増加する.これを利用して酵素反応速度を測定することができる.また,NADHはフラビンを介してグルタチオンシトクロムを還元する作用がある.

  NADH + H + FAD → NAD + FADH2

  FADH2 + 酸化型グルタチオン →

FAD + 2還元型グルタチオン  

また,NADはDNAが切断されたとき,それを修復する酵素DNAリガーゼの作用にも関与する.LD50 4.333 g/kg(マウス,腹腔).[CAS 53-84-9]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のニコチンアミドアデニンジヌクレオチドの言及

【NAD】より

…ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドnicotinamide adenine dinucleotideの略称。DPN(ジホスホピリジンヌクレオチド),補酵素I,コデヒドロゲナーゼI(補脱水素酵素I)とも呼ばれる。…

【解糖】より

…こうして1molのグルコースから2molのピルビン酸が生成するとともに,2molのATPが合成されることになる。グリセルアルデヒド‐3‐リン酸の酸化反応の電子受容体としてはNAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)が用いられるが,解糖反応の進行のためにNADHからNADを再生しなければならない。嫌気条件下では酸素は使えないので,ピルビン酸を乳酸に還元する最後の反応でNADを再生することになる。…

※「ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android