コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコラウス・クザーヌス Nicolaus Cusanus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコラウス・クザーヌス
Nicolaus Cusanus

[生]1401. モーゼル河畔ベルンカステルクース
[没]1464.8.11. ウンブリア,トディ
ドイツの哲学者,宗教家。本名 Nikolaus Chrypffs。ドイツ,イタリア各地に諸学を学び,1430年司祭となった。バーゼル公会議に公会議派として参加。のちに教皇派に転じ,37年教皇使節としてコンスタンチノープルにおもむき,つかのまの東西教会合同を達成。 48年枢機卿,50年ブリクセン司教。神は「対立物の一致」 coincidentia oppositorumであり,無限の単純さのなかに万象を含んでおり,世界はその展開であるが,神は世界を超越している。人はおのれが無知を自覚するとき,理性をこえる信仰に到達し,神に触れる。人を神に仲介するのはロゴスの受肉としてのキリストであり,キリストへの愛によって教会が成立するとした。教会統一に尽力した神秘主義者である反面,数学や経験的知識を重視し,個体を小宇宙とみて重視し,ライプニッツの先駆となった。主著『知ある無知』 De docta ignorantia (1440) ,『神の幻視』 De visione Dei (53) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニコラウス・クザーヌス
にこらうすくざーぬす
Nicolaus Cusanusラテン語
Nikolaus von Cusaドイツ語
(1400/1401―1464)

クサヌスともいう。ドイツの神秘主義哲学者、教会政治家。中世と近世との間にたつ思想家。中世哲学最後の人でありながら、哲学、物理学、天文学などにおいて近世への道を開いた先駆的学者といわれる。モーゼル河畔のクエスの出身。少年時、オランダで敬虔(けいけん)な教育を受け、ハイデルベルク、パドバで法学、数学、哲学などを学び、のち神学に専念。司祭となり、1432年バーゼル公会議には会議派として参加したが、教皇派となり教会政治に携わる。東西両教会合同の企てに参画、1437年コンスタンティノープルに赴く。1448年枢機卿(すうききょう)、1450年ブリクセンの司教となり、教会改革に尽力した。
 諸教派さらに異教に対し、当代まれにみる寛容と理解を示したが、それは彼の思想自体に由来する。新プラトン主義、否定神学の流れをくむ彼によれば、神はその無限性において万物を超越しつつ、しかも有限者のあらゆる区別・対立を合一して含む単純な一者、「反対の一致」coincidentia oppositorumである。この神に触れ、反対の一致をとらえることが人間的認識の頂点をなすが、それは通常の合理的知識の否定的克服である「知ある無知」docta ignorantiaの直観、すなわち信仰において達成される。万物は神の展開であり、それぞれの差異性、個別性において神に与(あずか)っている。宇宙は制限されているが空間的・時間的に無限界・無限であり、そこには定まった中心はなく、むしろ至る所が中心である。運動は相対的である。地球を中心とする中世的・有限的宇宙観はすでに超えられ、地動説も理論上認められていた。世界と人間が神に与るという意味で積極的にとらえられたが、万物を含む「小宇宙」である人間を神に仲介するのは、ロゴスの受肉としてのキリストであり、キリストへの愛が教会を成り立たせる。教会の本質形態は多様性における一致なのである。彼はブルーノ、ライプニッツに影響を与え、ガリレイにも親しまれていた。主著に『知ある無知』De docta ignorantia(1440)がある。[常葉謙二]
『岩崎允胤・大出哲訳『知ある無知』(1966・創文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ニコラウス・クザーヌスの関連キーワードディオニシウス・カルトゥシアヌスデ・ドクタ・イグノランチアコンスタンティヌスの定めニコラウス・クサヌス偽イシドルス法令集天文学史(年表)共同生活兄弟会ニコラウス5世クリバンスキーポイエルバハ反対の一致太陽中心説トスカネリスコラ哲学グローテ近世哲学薗田坦地動説

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android