コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニゴイ(似鯉∥鰠) ニゴイ Hemibarbus barbus

1件 の用語解説(ニゴイ(似鯉∥鰠)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニゴイ【ニゴイ(似鯉∥鰠) Hemibarbus barbus】

コイ目コイ科の淡水魚イラスト)。サイ,セータ(関東),マジカ(琵琶湖),ミノ(青森県),アラメ(長野県千曲川)などの地方名もある。北海道を除く日本のほぼ全土に分布。平野部の湖沼や大河川の中・下流域にすみ,汽水域にも下る。形がコイに似ているのでこの名がある。コイとのおもな相違点は体が細長いこと,口ひげが2本(コイは4本)なこと,背びれの付け根が短いこと,口が下を向き上あごが下あごを覆う(コイでは両あごがほぼ同長)こと,幼期には体側に黒色の斑点が1縦列に並ぶことなどである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニゴイ(似鯉∥鰠)の関連キーワードソウギョフナ油鮠諸子似鯉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone