コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニゴイ(似鯉∥鰠) ニゴイHemibarbus barbus

世界大百科事典 第2版の解説

ニゴイ【ニゴイ(似鯉∥鰠) Hemibarbus barbus】

コイ目コイ科の淡水魚(イラスト)。サイ,セータ(関東),マジカ(琵琶湖),ミノ(青森県),アラメ(長野県千曲川)などの地方名もある。北海道を除く日本のほぼ全土に分布。平野部の湖沼や大河川の中・下流域にすみ,汽水域にも下る。形がコイに似ているのでこの名がある。コイとのおもな相違点は体が細長いこと,口ひげが2本(コイは4本)なこと,背びれの付け根が短いこと,口が下を向き上あごが下あごを覆う(コイでは両あごがほぼ同長)こと,幼期には体側に黒色の斑点が1縦列に並ぶことなどである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android