コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニゴイ(似鯉∥鰠) ニゴイHemibarbus barbus

1件 の用語解説(ニゴイ(似鯉∥鰠)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニゴイ【ニゴイ(似鯉∥鰠) Hemibarbus barbus】

コイ目コイ科の淡水魚イラスト)。サイ,セータ(関東),マジカ(琵琶湖),ミノ(青森県),アラメ(長野県千曲川)などの地方名もある。北海道を除く日本のほぼ全土に分布。平野部の湖沼や大河川の中・下流域にすみ,汽水域にも下る。形がコイに似ているのでこの名がある。コイとのおもな相違点は体が細長いこと,口ひげが2本(コイは4本)なこと,背びれの付け根が短いこと,口が下を向き上あごが下あごを覆う(コイでは両あごがほぼ同長)こと,幼期には体側に黒色の斑点が1縦列に並ぶことなどである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone