ニッケル・クロム鋼(読み)ニッケルクロムこう

百科事典マイペディアの解説

ニッケル・クロム鋼【ニッケルクロムこう】

ニッケル1〜3.5%,クロム0.5〜1%を含む合金鋼。ニッケルはフェライト地を強くし,クロムは炭化物を強め,ともに組織を緻密(ちみつ)にして焼入れ性を向上させる。耐食性,耐摩耗性もよい。ニッケル‐クロム‐モリブデン鋼は焼戻し脆性(ぜいせい)を防ぎ,さらに強靭(きょうじん)性を強化するためモリブデン少量を添加したもの。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のニッケル・クロム鋼の言及

【構造用合金鋼】より

…機械構造部品に使用される強度と靱性(じんせい)をそなえた合金鋼。炭素量は0.1~0.5%で,これに少量のクロム(0.9~1.2%)を添加したクロム鋼,クロム(0.5~1.0%)とニッケル(1.0~3.5%)を添加したニッケル・クロム鋼,クロム(0.9~1.2%)とモリブデン(0.15~0.45%)を含むクロム・モリブデン鋼,さらにニッケル(0.4~4.5%),クロム(0.4~1.8%),モリブデン(0.15~0.7%)を含んだニッケル・クロム・モリブデン鋼がある。これらの合金元素はとくに焼入れ性と焼戻し性を調節するために添加される。…

※「ニッケル・クロム鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android