コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッチ産業 ニッチさんぎょう niche industry

4件 の用語解説(ニッチ産業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニッチ産業
ニッチさんぎょう
niche industry

顧客の需要があるにもかかわらず規模が小さく,商品の供給・提供がなかった市場や潜在的需要を掘り起こす産業。すきま産業ニッチ市場,ニッチマーケットともいう。大企業が関心をもっていない,あるいは対応できない領域において,独自の高度な技術・知識,常識にとらわれない柔軟さをもち,小口の需要にも迅速に対応するといったビジネスモデルを構築することにより,高収益をあげる中小企業ベンチャー企業が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ニッチ産業
ニッチさんぎょう
niche industry

すきま産業ともいう。ニッチとは「壁龕 (花瓶などを置くための壁のくぼみ) 」の意味で,転じて既存の産業では扱われないすきまの領域をねらって新規事業を起す,あるいは事業拡大をはかろうとすることを意味するようにもなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ニッチ‐さんぎょう〔‐サンゲフ〕【ニッチ産業】

niche industry》「すき間産業」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニッチ産業【ニッチさんぎょう】

市場のすきま部分に特化した産業をさし,すきま産業ともいう。ニッチnicheとは,くぼみ,適所という意味。企業が自社製品の市場を選定する際にすきまに特化する戦略をニッチ戦略と言う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ニッチ産業の関連キーワード最終需要それにもかかわらずにも拘らず相も変らず拘らず好むと好まざるとにかかわらず其れにも拘わらず生殖不能精神的過食症下川原

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニッチ産業の関連情報