コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュース・キャスター

2件 の用語解説(ニュース・キャスターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ニュース・キャスター

英国の作家ボブ・ラングレーのサスペンス小説(1995)。原題《Prime Force》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニュース・キャスター
にゅーすきゃすたー
news caster

テレビあるいはラジオで、個性を前面に出しながらニュースを読む人。そのなかで若干の意見やコメントをつけるという点が、アナウンサーと大きく異なっている。日本のテレビで初めてニュース・キャスターが登場したのは、1962年(昭和37)10月から開始された「TBSニュースコープ」で、このときのキャスターは田英夫(でんひでお)、戸川猪佐武(いさむ)であった。その後、各局でもキャスターを起用したニュースの時間を設定し、キャスターは一種のタレントのようなイメージをもたれるようになった。しかしニュースすべてがキャスターによって紹介されているのではなくて、夕方とか夜の定時ニュースには、アナウンサーによる「読み」のスタイルのニュースも多い。[田村穣生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニュース・キャスターの関連キーワード英国武装革命エベレストの彼方オータム・タイガー最終兵器駆動砂漠のテロリスト灼熱の死闘爆魔標的の原野ブリザードの死闘北壁の死闘

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニュース・キャスターの関連情報