コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュートリノ振動 ニュートリノしんどう neutrino oscillation

3件 の用語解説(ニュートリノ振動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニュートリノ振動
ニュートリノしんどう
neutrino oscillation

ニュートリノ (中性徴子) の質量は0,あるいは非常に小さい値であるとされている。 SO (10) 群に基づく大統一理論ではニュートリノは質量を持つことになり,宇宙の暗黒物質に占める割合が全く違ってくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ニュートリノ振動

ニュートリノは、星やわれわれの体など宇宙に存在する物質を作る素粒子の一つ。電子ニュートリノ、ミューオンニュートリノ、タウニュートリノの3種類があり、飛行中に種類が入れ替わるのが「ニュートリノ振動」。梶田さんは実験装置スーパーカミオカンデなどを使い、来る方向と数を正確に測ることで振動現象を証明した。振動が起きることは、ニュートリノが質量を持つことを意味する。質量はゼロとしていた従来の理論の書き換えを迫る発見となった。

(2016-04-22 朝日新聞 朝刊 東特集M)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ニュートリノ‐しんどう【ニュートリノ振動】

ニュートリノが質量をもつことで、ニュートリノの種類(電子ニュートリノμニュートリノτニュートリノ)が変わる現象。昭和37年(1962)、牧二郎、中川昌美、坂田昌一が提唱した。平成10年(1998)、梶田隆章らの観測により、宇宙素粒子観測装置スーパーカミオカンデ大気ニュートリノ振動が検出され、質量をもつことが確実となった。太陽から飛来するニュートリノの数が核融合理論と一致しないという太陽ニュートリノ問題もこの現象により説明することができる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニュートリノ振動の関連キーワード太陽ニュートリノミューニュートリノスニュートリノ大気ニュートリノτニュートリノ反τニュートリノ反電子ニュートリノ反μニュートリノμニュートリノステライルニュートリノ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニュートリノ振動の関連情報