コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュープロビデンス島 ニュープロビデンスとうNew Providence Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニュープロビデンス島
ニュープロビデンスとう
New Providence Island

西インド諸島北部,バハマ北西部の島。アンドロス島とエリューセラ島にはさまれた東西約 30km,南北約 10kmの小島であるが,バハマの中心で,北東岸に首都ナッソーがある。平坦なサンゴ礁の島で,湿地帯や浅い湖沼がある。開発は 17世紀後半イギリスの要塞が建設されて以来で,現在主産業は農業と漁業。またナッソー周辺は世界的に知られる観光・保養地となっている。面積 207km2。人口 17万 1542 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ニュープロビデンス‐とう〔‐タウ〕【ニュープロビデンス島】

New Providence》西インド諸島北部、バハマ諸島中部のバハマの島。同国の首都、ナッソーがある。カリブ海地域の代表的な観光・保養地として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ニュープロビデンス島の関連キーワードアンドロス島(バハマ)バハマ[諸島]アクリンズ島

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android