コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューヘブン

2件 の用語解説(ニューヘブンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ニューヘブン

米国,コネティカット州南部,ロングアイランド海峡に臨む港湾・商工業都市。兵器,金物生産では古い歴史をもち,電気機器,時計,ミシンなどの機械工業がある。イェール大学(1701年創設)所在地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニューヘブン【New Haven】

アメリカ合衆国コネティカット州南部の都市。人口12万(1994)。ロング・アイランド海峡に面し,イェール大学の所在地として知られている。火器,弾薬,ワイシャツゴム製品,機械,コンクリートなどが主要な工業製品である。1638年にピューリタンが建設した計画的な集落である。18世紀後半から19世紀前半にかけて港が繁栄し,また工業活動も活発となり,火器,金物,馬車はこの町の有名な産物であった。【菅野 峰明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニューヘブンの関連情報