コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニラ NIRA

大辞林 第三版の解説

ニラ【NIRA】

〖National Institute for Research Advancement〗
日本の、総合研究開発機構。半官半民の研究機関。1974 年(昭和 49)設立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ニラ

 [Allium tuberosum].ユリ目ユリ科ネギ属の多年草.ネギの仲間.葉を食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

食の医学館の解説

ニラ

《栄養と働き》


 原産地は中国で、ユリ科の緑黄色野菜です。わが国へは9世紀に伝わったといわれていて、『古事記』や『日本書紀』にもその名が登場しており、栽培の歴史の古さがうかがえます。
 一般的には緑色の大葉ニラが知られていますが、黄ニラ、花ニラといった種類もあります。
 黄ニラは日光にあてずに軟白栽培(なんぱくさいばい)したもので、花ニラはつぼみが花を咲かせないうちに、茎といっしょに食用にするものです。
〈硫化アリルが血行をよくし、ビタミンB1の吸収を高める〉
○栄養成分としての働き
 栄養的には、各種ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富です。カロテンが多く含まれており、体内でビタミンAにかわり、のどや鼻の粘膜(ねんまく)を丈夫にします。
 特有のにおいは硫化(りゅうか)アリルで、これは消化液の分泌(ぶんぴつ)をうながし、内臓の動きを活発にする働きがあります。血行をよくし、かぜ予防に効くともいわれています。
 また、硫化アリルにはビタミンB1の吸収を高める作用もあり、新陳代謝(しんちんたいしゃ)を活発にします。
 硫化アリルは硫黄化合物(いおうかごうぶつ)で、これは代表的な発がん抑制物質の1つでもあります。
 さらに、セレンという栄養素も含み、がん予防の強い味方となってくれます。
 セレンは、近年、注目されている栄養素で、体内の過酸化脂質(かさんかししつ)を取り除き、活性酸素の発生を抑える働きをします。コウライニンジンやニンニク、タマネギなどにも含まれています。
○漢方的な働き
 ニラは北海道や東北地方など、寒さのきびしい地域でよく利用されてきました。
 ニラに体をあたためる作用があるためで、常食すると冷え症や神経痛、しもやけなどの改善に効果があるといわれています。

《調理のポイント》


 香りが気になるようだったら、下ゆでをしてから調理をしましょう。しかし、ビタミンの効率を考えるなら、生のまま使ったほうがいいでしょう。
 レバニラ炒(いた)めがポピュラーな料理ですが、これは、ニラのビタミンCが鉄分の吸収を効率よくしてくれるので、貧血予防におすすめのメニューです。
 一過性の下痢(げり)にはニラ雑炊(ぞうすい)を。ニラを細かく刻んで雑炊の中に入れ、よく煮ます。これを熱いうちに食べると症状がやわらぎます。これは、昔から民間療法として行われてきた家庭療法です。
 がん予防に働くセレンは、ビタミンEといっしょにとると抗酸化力が高まるので、アーモンド油などビタミンEを多く含む植物油を利用して調理するといいでしょう。
 アレルギー体質の人や胃弱の人は、症状が悪化することもあるので、食べすぎに注意してください。

出典 小学館食の医学館について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニラ
にら / 韮
[学]Allium tuberosum Rottl.

ユリ科の多年草。葉を食用とするため栽培される。中国西部原産といわれるが、明らかではない。地中に短い根茎があり、多数の鱗茎(りんけい)をつくって株状になる。葉は各鱗茎に数枚つき、長さ15~20センチメートル、幅3~10ミリメートル、扁平(へんぺい)で背面に稜(りょう)があり、先端は丸い。濃緑色で柔らかく、特有のにおいがある。葉鞘(ようしょう)は3~6センチメートル。夏、40~70センチメートルの茎を出し、茎頂に白色花を20~40個開く。花は小さく六6の花被片(かひへん)からなる。秋に結実し、種子は黒色、ゴマ粒大である。
 栽培は株分けまたは実生(みしょう)による。寒さにも暑さにも強く、盛んに株分かれして殖える。霜にあうと地上部は衰えるが、地下部は越冬する。葉は地際から鎌(かま)で刈り取って収穫する。再生力が強いので、年に2、3回収穫できる。最近は中国料理の普及により需要が増え、冬はビニルトンネルをかけたり、株を掘り出してビニルハウス内に移植し、冬季にも収穫する。また早春に出荷のための促成栽培も行われている。このほか、株に土を盛ったり、フレーム内で遮光して軟化栽培も行われる。品種も増え、近年は在来品種より葉幅の広い台湾系の品種が多く栽培される。また、つぼみのついた若い茎を食べるための品種(テンダーポールなど)の栽培も増えている。花茎をとるための品種群をハナニラという。[星川清親]

利用

鮮緑色の葉を、酢みそ和(あ)え、卵とじ、炒(いた)め煮、各種の鍋物(なべもの)、雑炊などに用いる。中華料理では多くの料理に用いられるが、ギョウザには不可欠とされ、レバーニラ炒めなどが好まれる。いわゆるニラの刺激臭は、含硫化合物を主とする成分によるもので、肉類のにおい消しに適している。養分は、生葉100グラム中タンパク質2グラム、糖質2.8グラム、カルシウム50ミリグラム、カリウム450ミリグラムなどで、ビタミンA、Cがきわめて多く、B1、B2なども多く含み、昔から強壮に効があるとされる。種子は漢方で韮子(キウシ)とよび、泌尿器系の病気に用いられる。[星川清親]

文化史

中国では3000年の歴史がある。周族の居住であった(ひん)の祭事には、ヒツジとともにニラが供えられた。ニラは本来、韭と書かれ、呉音でク、漢音でキョウ、現代中国音ではチョウと発音されるが、いずれも久と同音である。ニラは多年生の野菜で、それが「久しい」と結び付いた。中国では古代から主要な野菜で、『史記』(前91)の貨殖列伝に「千畦薑韭。此其人皆與千戸侯等」(千畦(せんのあぜ)のショウガとニラは千戸の領主〈の収入〉と等しい)の記述がある。かつて中国では元旦(がんたん)に五辛(ニラ、大小のニンニク、アブラナ、コエンドロ)を食べ、体内の病魔を払い、長命を願う風習があった(『荊楚歳時記(けいそさいじき)』〈6世紀〉)。邪気を退散させるとみられたのは、ニラの臭気にもよる。それは揮発性の含硫化合物のメチルジスルフィドが主成分である。『古事記』には加美良(かみら)、『日本書紀』には計美良(かみら)と綴られるが、これらは香ミラの意味で、臭(にお)いに注目した名である。『万葉集』には久君美良(くくみら)が1首(巻14)歌われ、茎ニラと解釈されている。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニラの関連情報