コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニーシュ ニーシュ Niš

3件 の用語解説(ニーシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニーシュ
ニーシュ
Niš

セルビア南東部の都市。モラバ川とその支流ニシャバ川との合流点付近に位置する。河谷沿いに道路,鉄道が走り,ヨーロッパ中部からエーゲ海イスタンブールにいたる線が分岐している。じゅうたんを中心とする繊維,機関車,日用品,電機などの工業があり,豊かな農業地帯を基盤にビール,たばこなどの食品加工も行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニーシュ

セルビア南東部の都市。ニシャバ川に沿い,鉄道・道路の結節点。機械・電機・金属・車両工業行われる。古くはナイススNaissusと呼ばれ,コンスタンティヌス大帝の生地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ニーシュ【Niš】

ユーゴスラビア南東部,セルビア共和国の都市。人口17万5000(1991)。ニーシュ平原のニシャバ川左岸にある。町の起源はローマ時代のナイススNaissusで,コンスタンティヌス1世の生地だった。民族の大移動期に破壊されたが,ユスティニアヌス1世時に再建され,ビザンティン時代は商業と軍事の中心として栄えた。1183年ステファン・ネマーニャによって征服されセルビアに属する。89年彼はここで第3回十字軍を従えた神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世を迎え,同盟を結んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニーシュの関連キーワードセルビアユーゴスラビアセルビアモンテネグロSerbiaMontenegroユーゴスラビアン・トライカラード・ハウンドモンテネグロ共和国コソボ[州]ユーゴスラビア王国ユーゴスラビア共産党《ユーゴスラビア百科事典》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone