コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニーシュ Niš

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニーシュ
Niš

セルビア南東部の都市。モラバ川とその支流ニシャバ川との合流点付近に位置する。河谷沿いに道路,鉄道が走り,ヨーロッパ中部からエーゲ海,イスタンブールにいたる線が分岐している。じゅうたんを中心とする繊維,機関車,日用品,電機などの工業があり,豊かな農業地帯を基盤にビール,たばこなどの食品加工も行なわれる。ケルト人の集落に古代ローマが建設した都市ナイススがこの地と考えられ,軍事,商業の要地として,9世紀以降ブルガリア,ハンガリー,ビザンチンなどに支配された。 12世紀末からはセルビア,1375年から約 500年間はトルコの支配下に入り,ベルリン条約 (1878) でセルビア領となった。第1次世界大戦中に,一時セルビアの首都が置かれた。第2次世界大戦での被害と戦後の復興により市街は様相を一変し,トルコ=ビザンチン様式の歴史的建造物は姿を消した。人口 17万 3724 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ニーシュ

セルビア南東部の都市。ニシャバ川に沿い,鉄道・道路の結節点。機械・電機・金属・車両工業が行われる。古くはナイススNaissusと呼ばれ,コンスタンティヌス大帝の生地。1386年ころトルコに占領され,バルカン支配の要地となった。1878年セルビア王国領。18万3164人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニーシュ【Niš】

ユーゴスラビア南東部,セルビア共和国の都市。人口17万5000(1991)。ニーシュ平原のニシャバ川左岸にある。町の起源はローマ時代のナイススNaissusで,コンスタンティヌス1世の生地だった。民族の大移動期に破壊されたが,ユスティニアヌス1世時に再建され,ビザンティン時代は商業と軍事の中心として栄えた。1183年ステファン・ネマーニャによって征服されセルビアに属する。89年彼はここで第3回十字軍を従えた神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世を迎え,同盟を結んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android