コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニーレンバーグ Marshall Warren Nirenberg

百科事典マイペディアの解説

ニーレンバーグ

米国の生化学者。国立心臓研究所遺伝生化学部門主任。1961年試験管内合成系にポリウリジル酸(UUU)を加えるとフェニルアラニンが合成されることを発見し,UUUがフェニルアラニンの遺伝暗号であると推論し,以後数年のうちに,全遺伝暗号が解読された。この業績により1968年ノーベル生理医学賞。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ニーレンバーグ【Marshall Warren Nirenberg】

1927~ ) アメリカの生化学者。試験管内でのタンパク質の合成に成功、人工合成 RNA が mRNA としてはたらくことを立証して、遺伝暗号解析の口火をきり、コラナとともに大部分のアミノ酸の暗号(コドン)を決定した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニーレンバーグ
にーれんばーぐ
Marshall Warren Nirenberg
(1927―2010)

アメリカの分子生物学者。ミシガン大学で学位を取得。NIH(National Institutes of Healthアメリカ国立衛生研究所)に勤務する。マタイJ. H. Matthaei(1929―)とともに無細胞系をつくり、タンパク質合成の研究を始める。1961年、この系で人工RNA(リボ核酸)であるウリジル酸(ポリU)を鋳型として用いたところ、1種類のアミノ酸、フェニルアラニンからなる人工ポリペプチドが得られた。三つ組みの塩基が一つのアミノ酸に対応していることは示唆されていたが、それが実証されたのはこれが初めてである。残る19のアミノ酸に対する暗号の解読をめぐり、1964年、三つの塩基による短い人工RNAを用いる方法を開発したニーレンバーグと、この謎(なぞ)解きに参入したオチョアとの間に激しい競争が展開された。この競争にコラーナも加わり、1967年には20種類のアミノ酸に対応する塩基の組合せ(遺伝暗号の単位=コドン)はすべて解読された。1968年、コラーナ、ホリーとともに、「遺伝情報の解読とタンパク質合成におけるその機能の解明」によりノーベル医学生理学賞を授与された。[石館三枝子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニーレンバーグの関連キーワード地中海(Mediterranean Sea)ギルマン(Alfred G. Gilman)ゴールドステインロバート ホリークラフォード賞H. コラナ生物物理学mRNAコラナ大部分口火

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android