コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌマビル Helobdella stagnalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌマビル
Helobdella stagnalis

環形動物門ヒル綱グロシフォニ科。体長6~12mm。体は灰白色半透明のやや細長い卵形で,体前方の背面中央に黄褐色キチン質小板を1個そなえている。雌雄同体。池,沼,湖など淡水域に生息し,貝類,小昆虫類などの体液を吸う。世界に広く分布し,日本では北海道,本州に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌマビル
ぬまびる / 沼蛭
[学]Helobdella stagnalis

環形動物門ヒル綱グロシフォニ科に属する水生動物。日本各地の池、沼、湖などにすみ、スイスでは2400メートルの高山にみられる。世界共通種。体は細長い卵形で、長さ6~12ミリ、幅約4ミリの灰白色半透明。第八体節の背面中央に黄褐色のキチン質小板がある。前吸盤は後吸盤より小さい。目は第四体節上に一対ある。雌雄両生殖口は第12体節に開くが、雄生殖口が多少前方に位置する。胃の両側には六対の単純な形の側盲嚢(そくもうのう)がある。夏は水中のショウブの葉の上で生活しており、秋になって葉が枯れると根の間に集まってすむ。4~9月にかけて数回産卵するが、産み出した卵嚢を規則正しく体の腹面に付着させて保護する。卵の発生が進んで胚(はい)になると、卵嚢が破れて親の腹面に一層に並んで付着する。その後、孵化(ふか)した幼虫はしばらく後吸盤で付着したあと、親から離れて独立する。4、5月に生まれた個体は7、8月に成熟・産卵してその後死ぬが、7、8月に生まれた個体は越冬して翌春に産卵する。食物の豊富な硬水の場所をもっとも好み、昆虫のユスリカの幼虫の血を吸う。[今島 実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヌマビルの関連キーワード卵嚢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android