コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネイバ ネイバ Neiva

3件 の用語解説(ネイバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネイバ
ネイバ
Neiva

コロンビア南西部,ウイラ州の州都。首都ボゴタ南南西約 230km,アンデスの東部山脈と中部山脈を分けるマグダレナ川の上流部右岸に位置する。 1539年スペイン人により建設された集落はインディオの攻撃により破壊され,1612年現在の町が再建された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ネイバ【Neiva】

コロンビア南部,ウイラ県の県都。人口24万8178(1995)。1539年に創設されたが,数回にわたり先住民ピハオス族に破壊され,現在の都市の基礎ができたのは1612年である。中央部と南部との交通の要地で,牧畜と穀物生産が伝統的産業であったが,1850年代からのコーヒーブームにより周辺にコーヒー生産が開始され,町の大きな産業となっている。なお高地部では牧羊も盛んで,都市には毛織物工業が生まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネイバ
ねいば
Neiva

南アメリカ北西部、コロンビア中部にあるウイラ県の県都。首都ボゴタの南南西230キロメートルに位置する。人口32万2076(1999)。1539年に建設されたが、先住民に破壊されたのち、1612年に再建された。マグダレナ川上流域のコーヒー栽培地帯の中心地として発達し、サトウキビ栽培も盛んである。パナマ帽の製造で知られる。色彩豊かな大露天市が開かれる。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネイバの関連キーワードコロンビア川コロンビア特別区コロンビア氷原パスト哥倫比亜ブリティッシュコロンビアコロンビア峡谷B.j.コロンビアブレンドデミタスコロンビア特別地区コロンビア[種]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネイバの関連情報