コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネイバ ネイバNeiva

3件 の用語解説(ネイバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネイバ
ネイバ
Neiva

コロンビア南西部,ウイラ州の州都。首都ボゴタ南南西約 230km,アンデスの東部山脈と中部山脈を分けるマグダレナ川の上流部右岸に位置する。 1539年スペイン人により建設された集落はインディオの攻撃により破壊され,1612年現在の町が再建された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネイバ【Neiva】

コロンビア南部,ウイラ県の県都。人口24万8178(1995)。1539年に創設されたが,数回にわたり先住民ピハオス族に破壊され,現在の都市の基礎ができたのは1612年である。中央部と南部との交通の要地で,牧畜と穀物生産が伝統的産業であったが,1850年代からのコーヒーブームにより周辺にコーヒー生産が開始され,町の大きな産業となっている。なお高地部では牧羊も盛んで,都市には毛織物工業が生まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネイバ
ねいば
Neiva

南アメリカ北西部、コロンビア中部にあるウイラ県の県都。首都ボゴタの南南西230キロメートルに位置する。人口32万2076(1999)。1539年に建設されたが、先住民に破壊されたのち、1612年に再建された。マグダレナ川上流域のコーヒー栽培地帯の中心地として発達し、サトウキビ栽培も盛んである。パナマ帽の製造で知られる。色彩豊かな大露天市が開かれる。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネイバの関連情報