コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネザサ(根笹) ネザサPleioblastus variegatus var. viridis form. glabra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネザサ(根笹)
ネザサ
Pleioblastus variegatus var. viridis form. glabra

イネ科の小型のタケ。西日本の山野に普通に生える。地下茎は地中を横にはって繁殖する。茎 () は直立し,緑色平滑,年を経たものは 3mに達し稈の直径も 1cm内外となる。葉は枝先に2~10枚つき,披針形で先端はとがり長さ4~20cm,幅 1.5~3.5cm。葉鞘の縁に毛がある。東日本には近縁の別種アズマネザサ (東根笹) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネザサ【ネザサ(根笹) Pleioblastus argenteostriatus (Regel) Nakai f.glaber (Makino) Murata】

イネ科のやや中型のササ(イラスト)。稈(かん)の根もとから横走する地下茎を出し,四方に遠く広がるので,根笹の名がついたといわれる。千里竹(せんりだけ)ともよばれる。大きさは高いのは3mぐらい。節ごとの枝の数は,若竹は少ないがのち3本余となる。葉はやや大型で細長く先がとがり,葉鞘(ようしよう)の縁や節に初めから毛がない。本州,四国,九州の暖温帯の低地にみられる。ケネザサ(毛根笹)P.fortunei (Van Houtte) Nakai f.pubescens (Makino) Muroiは葉鞘の縁や節に出たてには毛がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ネザサ(根笹)の関連キーワードイネ科