コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネズミイルカ ネズミイルカPhocoena phocoena; harbour porpoise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネズミイルカ
Phocoena phocoena; harbour porpoise

クジラ目ハクジラ亜目ネズミイルカ科ネズミイルカ属。体長は約 1.8m以下。最大体長は約 2m。体重は 45~70kgである。出生体長は 70~90cm。背部および体側は藍ねずみ色で,腹部は白色である。胸鰭 (むなびれ) と尾柄部は紺青色を呈する。腹部と体側の境はぼかされており不明瞭。胸部はややねずみ色がかっている。胸鰭上面は藍ねずみ色で,口角に向って同色の細い帯が伸びる。体型はなだらかな細長い楕円形である。噴気孔は1個で頭部正中線上にある。胸鰭後方付近が最も太い。頭部は小さく,丸みを帯びており嘴 (くちばし) はない。背鰭は体の中央よりやや後方に位置し,高さ 15~20cm程度で三角形状であり,先端が後方にやや傾く。歯は小さくへら状で先端が丸く,上下顎骨に左右 19~28対ある。8頭以下の小群で行動するが,索餌や回遊の際は 50~100頭の群れをなすことがある。泳ぎが速く,船に近づいて船首波や横波に乗る。出産期は春から夏のなかばにかけてである。食性範囲が広く,30cm以下の魚類やイカ類を捕食しており,おもに底生性魚類および中層性のニシンやサバを食べる。分布は北半球の寒帯および亜北極海域で,通常沿岸浅所に生息するが,大西洋では沖合いにも生息する。沿岸に設置される定置網刺網などによって混獲される。水族館展示用として飼育される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネズミイルカ
ねずみいるか / 鼠海豚
common porpoise
[学]Phocoena phocoena

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目ネズミイルカ科のハクジラ。体長1.8メートル、体重80キログラムまでの小形種。北半球の温・寒帯の浅海に分布する。黒海のものは別亜種とされる。背面は黒色で、腹面は白色。歯は小さく上下左右おのおの26~28本、歯冠部は扁平(へんぺい)である。妊娠期間は約11か月、体長90センチメートルぐらいの子を6~7月に出産する。1産1子。子は3、4年で性成熟に達する。2、3頭の小群で行動する。雑食性が強いが、おもにイワシ、ニシン、タラなどを食べる。黒海では巻網で大量に捕獲したため近年資源が激減した。天敵はサメ、シャチなどである。南半球やカリフォルニア湾などには近似種が分布する。
 なお、分類上、ネズミイルカ科(ネズミイルカ属、イシイルカ属、スナメリ属の3属を含む)を科として独立させず、マイルカ科に含める場合もある。[粕谷俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ネズミイルカの関連キーワードカリフォルニア湾の島々と保護地域群リクゼンイルカ(陸前海豚)ネズミイルカ(鼠海豚)ペルーオウギハクジラコガシラネズミイルカスナメリ(砂滑)リクゼンイルカイルカ(海豚)コハリイルカ沼田町化石館メガネイルカポーポイズイシイルカワッデン海スナメリ陸前海豚いし海豚クジラ鼠海豚鼠海豕

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネズミイルカの関連情報