コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネレウス Nereus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネレウス
Nereus

「海の老人」とあだ名されるギリシア神話海神。海ポントスガイアと契ってもうけた子供たちの長子で,オケアノスの娘ドリスと結婚し,ネレイデスと呼ばれる 50人の美しい娘たちを得たとされる。予言と,あらゆるものに姿を変える変身の能力をもつと信じられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ネレウス

ギリシア神話の海神。穏和で賢明,予言と変身能力をもつ〈海の老人〉。その娘たちをネレイデスといい,アンフィトリテテティスガラテイアらが有名。
→関連項目プロテウス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネレウス【Nēreus】

ギリシア神話の海神。ポントス〈海〉とガイア〈大地〉の子。気質がやさしく賢明な老人で,同じく〈海の老人〉と呼ばれるプロテウスのように,予言の力と自分の姿をさまざまなものに変える力があった。彼にはオケアノス〈大洋〉の娘ドリスDōrisとのあいだにもうけた50人(または100人)の美しい娘たち(ネレイデスNērēidesと呼ばれる)があり,ふだんは海(とりわけエーゲ海)の底で,その娘たちに囲まれて日を送るとされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ネレウス【Nēreus】

ギリシャ神話の海神。「海」の擬人神ポントスと大地神ガイアの子。賢明・温和で、予言の力をもつ。ホメロスは「海の老人」と呼ぶ。船乗りの保護者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネレウス
ねれうす
Nereus

ギリシア神話の海神。ガイアの子。ホメロスでは「海の老人」とよばれている。温和な親しみやすい性格で、しかも預言力をもち、また自由にその姿を変えることができた。ヘスペリデスの黄金のリンゴを求められたヘラクレスが(第11番目の功業)、ヘスペリデスの国への道をネレウスに教えさせようとしたとき、ネレウスは姿をさまざまに変えて逃れようとした。しかしヘラクレスがどうしても離そうとしないので、ネレウスはついにその道を教えてやったという。海の主神ポセイドンとは異なり、穏やかな日和(ひより)の海を表すネレウスは、50人の娘たちネレイスとともに海底の宮殿で暮らしている。[伊藤照夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のネレウスの言及

【海】より

… ギリシア神話によれば,海ポントスは大地女神ガイアの息子だが,母と交わって多くの子孫を得た。その中の長子が,〈海の老人〉とあだ名される非常な知恵者で年寄りの海神ネレウスで,あらゆるものに自在に変身する能力をもち,ネレイデスNērēidesと呼ばれる50人(または100人)の美神たちの父親である。海の支配者は最高神ゼウスの兄弟のポセイドンで,武器としても漁具としても使われる三つ股の矛を持ち,地震や津波の神としても恐れられた。…

※「ネレウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネレウスの関連キーワードペイシストラトスカリュブディスカシオペヤ座メランプスペレウスペリアスネストルミレトス

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android