コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネール温度 Neel temperature

3件 の用語解説(ネール温度の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ネール温度【Neel temperature】

強磁性体の温度を上げていくと,隣り合うイオンのスピンが反平行状態から無秩序ランダム)な状態へ遷移する点がある.この温度のことで,ネール点*とも呼ばれる

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ネール‐おんど〔‐ヲンド〕【ネール温度】

反磁性体反磁性から常磁性への移行を生じる温度。フランス物理学者L=ネールが理論的に解明。1970年、ネールは同業績を含む磁性の研究でノーベル物理学賞を受賞。ネール点

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネール温度
ねーるおんど
Nel temperature

反強磁性体の磁気的相転移温度。TNの記号が使われる。フランスの物理学者ネールが、初めて反強磁性体を理論的に解明したことに由来する。TNは、強磁性体のキュリー温度Tcに対応する。反強磁性体を高温から温度を下げてくると、TNで原子磁気モーメントが整列し始める。反強磁性体では、TN以下で磁気モーメントが交互に上向き下向きとなるように整列しているので、全温度範囲で、巨視的には常磁性のようにふるまう。多くの反強磁性体では、常磁性磁化率がTNで最大となるので、磁化率の温度変化測定はTNを知るための有力な実験的手段である。TN以上では、原子磁気モーメントの方向は乱雑になり微視的にも常磁性となる。ネール温度の名称は、螺旋(らせん)磁性などの広義の「反強磁性体」についても使われる。TNは絶対温度で、1K以下から1000K付近まで広く分布する(MnCl2・4H2Oでは1.68K、MnF2で72K、MnOで122K、NiOで520Kなど)。[宮台朝直]
『金森順次郎著『磁性』(1969・培風館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のネール温度の言及

【キュリー温度】より

…なお,強誘電体が常誘電体に転移する温度もキュリー温度と呼ばれる。また一時期,反強磁性体,フェリ磁性体が常磁性体に転移する温度などもキュリー温度と呼ばれたが,こちらは現在ではその研究を行ったL.ネールにちなみ,ネール温度またはネール点と呼ばれる。(2)きわめて低い温度領域では,温度を測定すること自体が実際上の大きな問題点であり,適当な常磁性物質を温度計として採用し,その磁化率が絶対温度に反比例するというキュリーの法則に厳密に従うとして,測定された磁化率から温度を定めるという方法が行われる。…

【ネール】より

…P.ワイスに始まる強磁性体の分子磁場の手法を拡張し,反強磁性ならびにフェリ磁性の概念を確立した。反強磁性体の常磁性体への転移温度をネール温度と呼ぶが,これは彼の名にちなむ。70年には,これらの研究によってノーベル物理学賞を受賞した。…

※「ネール温度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ネール温度の関連キーワード磁性体キュリー温度キュリー点強磁性磁化反強磁性非磁性体キュリー‐ワイスの法則ズール‐中村相互作用ホプキンソン効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone