コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノダケ ノダケAngelica decursiva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノダケ
Angelica decursiva

セリ科の大型多年草で,アジア東部に広く分布する。北海道を除く日本各地の山野に普通に生える。全草に独特の香気がある。は肥厚し,は高さ 1.5m内外,直立し上部で分枝する。葉は互生し,羽状に分裂して,葉柄基部は幅広い鞘となって茎を抱く。9~11月に,枝先に複散形花序をつけ,1枚の総包片球形の鞘をなして,若い花序を包む。花はセリ科には珍しく暗紅紫色をしているが,まれに白花のものもある。根を乾燥したものは芳香があって,わずかに苦く,風邪薬として煎じて飲む。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ノダケ

セリ科の多年草。本州〜九州,東アジアの山野に普通にはえる。茎は高さ1〜2m,上部が紫色を帯びる。葉は互生し,卵形小葉からなる羽状複葉で,葉柄はさや状になって茎を抱く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノダケ
のだけ / 野竹
[学]Angelica decursiva (Miq.) Fr. et Sav.

セリ科の多年草。根は太く肥厚する。茎は高さ0.8~1.5メートル。葉は、質が厚くて堅く、1回3出羽状複葉で中央脈に沿って翼があり、縁(へり)に鋭い鋸歯(きょし)がある。上部の葉は退化して袋状の鞘(さや)となり、茎とともに紫色を帯びる。9~10月、散形花序をつくり、暗紫色花を開く。ときに白色花の品種もあり、シロバナノダケという。果実は扁平(へんぺい)な広楕円(こうだえん)形、広い翼がある。葉の羽片が細い品種をホソバノダケという。丘陵の草原や林内に普通に生え、関東地方以西の本州から九州、および朝鮮半島、中国、インドシナ半島、東シベリアに分布する。漢方では乾燥した根を「前胡(ぜんこ)」と称し、解熱、鎮痛剤とする。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ノダケの関連キーワードアズマネザサ(東根笹)ヤダケ(矢竹∥箭竹)ミヤマゼンコ竹ジュバン女竹・雌竹管ジバン笹矧ぎ三葉草山菜野芹馬芹芘胡谷芹山芹前胡尾瀬

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android