コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノダケ ノダケ Angelica decursiva

3件 の用語解説(ノダケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノダケ
ノダケ
Angelica decursiva

セリ科の大型多年草で,アジア東部に広く分布する。北海道を除く日本各地の山野に普通に生える。全草に独特の香気がある。根は肥厚し,茎は高さ 1.5m内外,直立し上部で分枝する。葉は互生し,羽状に分裂して,葉柄の基部は幅広い鞘となって茎を抱く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノダケ

セリ科の多年草。本州〜九州,東アジアの山野に普通にはえる。茎は高さ1〜2m,上部が紫色を帯びる。葉は互生し,卵形の小葉からなる羽状複葉で,葉柄はさや状になって茎を抱く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノダケ
のだけ / 野竹
[学]Angelica decursiva (Miq.) Fr. et Sav.

セリ科の多年草。根は太く肥厚する。茎は高さ0.8~1.5メートル。葉は、質が厚くて堅く、1回3出羽状複葉で中央脈に沿って翼があり、縁(へり)に鋭い鋸歯(きょし)がある。上部の葉は退化して袋状の鞘(さや)となり、茎とともに紫色を帯びる。9~10月、散形花序をつくり、暗紫色花を開く。ときに白色花の品種もあり、シロバナノダケという。果実は扁平(へんぺい)な広楕円(こうだえん)形、広い翼がある。葉の羽片が細い品種をホソバノダケという。丘陵の草原や林内に普通に生え、関東地方以西の本州から九州、および朝鮮半島、中国、インドシナ半島、東シベリアに分布する。漢方では乾燥した根を「前胡(ぜんこ)」と称し、解熱、鎮痛剤とする。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノダケの関連キーワードセリ(芹)ニワホコリイタリアンパセリ馬芹猩猩蜻蛉ウコンアゼムシロコナギタマノカンザシタンジー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノダケの関連情報