コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノベール ノベール Noverre, Jean Georges

6件 の用語解説(ノベールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノベール
ノベール
Noverre, Jean Georges

[生]1727.4.29. パリ
[没]1810.10.19. サンジェルマンアンレ
フランスの舞踊家。実質的に今日のバレエの基礎を築いた功績者。 L.デュプレに学び,1743年デビュー。 49年最初の振付作品『中国の祭り』をつくり,生涯に 150のバレエを振付けた。また J.ルソーの思想を反映した古典的な美の理想を追求する理論を,著書『舞踊とバレエに関する手紙』 Lettres sur la danse et les ballets (1760) で示し,それを果敢に実践。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ノベール(Jean Georges Noverre)

[1727~1810]フランスの舞踊家・振付師。仮面を排し、パントマイムの技法をバレエに導入するなど改革に努めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノベール

フランス生れのスイスの舞踊家,振付家。バレエの改革者として知られ,バレエ・ダクシヨンballet d'action(歌や台詞によらず,踊りそのものによって劇的要素をもつバレエ)の創始者。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ノベール【Jean Georges Noverre】

1727‐1810
スイス系フランス人の舞踊家,振付師。1743年パリのオペラコミック劇場でデビュー,54年《中国の祭》を上演。リヨン,パリ,ロンドンシュトゥットガルトウィーン等各地を遍歴し,約150のバレエを振り付けたが,今日一部の脚本と音楽が残されているだけである。バレエの改革者として重要で,著書《舞踊とバレエについての手紙》(1760)に述べられた理論は今日いまだに有意義である。イギリスの俳優ギャリックと親交を結び,その教えを受けて,バレエ・ダクシヨンballet d’actionを創始した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ノベール【Jean Georges Noverre】

1727~1810) フランスの舞踊家。従来、短い踊りの組み合わせであったバレエに筋を与え、マスクを廃するなどの改革を行なった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノベール
のべーる
Jean Georges Noverre
(1727―1810)

フランスの舞踊家、振付師。パリに生まれる。オペラ座でルイ・デュプレに学ぶ。ダンサーであった時期は短く、27歳から振付師となり、生涯をバレエの改革に努めた。彼の主張はテクニック至上主義のバレエに対する反論であり、舞踊によっていかに演劇的世界が表現できるかにあった。当時イギリスでマイム芸術の第一人者といわれた名優D・ギャリックと親しくしたのもこのためであった。仮面や紋切り型の衣装を排し、身ぶりによるバレエ・ダクションballet d'actionを実践した。1754年ロンドンで『中国の祭り』を上演、60~67年シュトゥットガルトで、その後ウィーンを中心に活躍、76年パリ・オペラ座バレエ・マスターとなったが、81年イギリスに亡命、1810年故国に戻り没した。著書『舞踊とバレエについての手紙』(1760)に彼の理論が盛られている。[市川 雅]
『小倉重夫訳『舞踊とバレエについての手紙』(1974・冨山房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のノベールの言及

【パリ・オペラ座バレエ団】より

…その後,ペクールLouis Pécourt(1653‐1729),さらにデュプレLouis Dupré(1697‐1774)らが舞踊の技術と様式を発展させてきたが,1720年代にはそれまで優位を占めてきた男性舞踊家に伍して,カマルゴおよびサレMarie Sallé(1707‐56)の女性舞踊手が人気を競った。バレエの改革者ノベールがオペラ座で働いた期間は短かったが,その改革はガルデル兄弟Maximilien Gardel(1741‐87),Pierre G.(1758‐1840)により引き継がれた。1830年オペラ座は私企業的組織に改められ,その支配人となったベロンVéron博士の積極的な行動とともに一気にバレエ・ロマンティック全盛時代をよびおこした。…

【バレエ】より

…これは重く長い衣装の制約を受けていたためで,衣装の長さを縮め,踵のない靴を採用したカマルゴの出現によって,女性舞踊家は初めて跳躍し,敏速な足の動きを見せるのである。 カマルゴに続いて18世紀の後半,ノベールが現れバレエの根本を改革した。彼によって初めてバレエは,今日の原型をもつにいたった。…

【バレエ音楽】より

…その中心地となったのは,パリとモスクワおよびペテルブルグであった。 18世紀半ばころに,パリのノベールを指導者として〈バレエ・ダクシヨン〉が創始された。これはバレエの舞台から台詞と歌を排除し,舞踊とパントマイムをもっぱらオーケストラが支えるといった近代バレエの原型である。…

※「ノベール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノベールの関連キーワードアシュトンジョミニプティパペチパリモン振付師インドの舞姫ブルノンビル世家真大助サン・レオン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノベールの関連情報