コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノマドワーカー ノマドワーカー nomad worker

2件 の用語解説(ノマドワーカーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ノマド‐ワーカー(nomad worker)

ノマド遊牧民の意》自宅や会社のオフィスではなく、喫茶店やファーストフード店などでノートパソコンやタブレット型端末などを使って仕事をする人。ノマド族

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノマドワーカー
のまどわーかー
nomad worker

ITやモバイル通信を利用して、場所や時間を自由に選択して仕事をする人。情報機器と通信環境の発達によって、外出先でも一般のオフィスと同様の仕事をすることができるようになった。ノマドとは英語で遊牧民の意味である。所属する組織や職種、就業の形態などには関係がなく、働く場所を特定のオフィスに固定せず、カフェレンタルスペースなどで仕事をしている人をいい、このような働き方を、ノマドワークノマドワーキングとよんでいる。
 ノマドワーカーが増加している理由には、2000年代に入り、公衆無線LAN(ラン)や高速モバイルデータ通信が急速に普及し、外出先で情報端末の電源を確保することも容易になってきたことがあげられる。さらに、2010年(平成22)ごろからスマートフォンとクラウドコンピューティングが一気に浸透しはじめ、外出先で仕事をするために持ち歩いていた多くの機器やバッテリーから解放されたことも大きな要因である。仕事上で作成する書類においても、外出先での確認や編集を考慮し、特殊なアプリケーションの機能はできるだけ使わず、ブラウザー上で使用するウェブアプリをはじめ、タブレット型端末やスマートフォンで開くことができるファイルの仕様が重視されるようになっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノマドワーカーの関連キーワードジャーヒリーヤノマドロジーノマド瓦の窓牧民マドラスチェックシエラマドレ山脈遊牧民族蓬の窓ノマドワーキング

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノマドワーカーの関連情報