コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノマドワーカー ノマドワーカーnomad worker

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノマドワーカー
のまどわーかー
nomad worker

ITやモバイル通信を利用して、場所や時間を自由に選択して仕事をする人。情報機器と通信環境の発達によって、外出先でも一般のオフィスと同様の仕事をすることができるようになった。ノマドとは英語で遊牧民の意味である。所属する組織や職種、就業の形態などには関係がなく、働く場所を特定のオフィスに固定せず、カフェレンタルスペースなどで仕事をしている人をいい、このような働き方を、ノマドワークノマドワーキングとよんでいる。
 ノマドワーカーが増加している理由には、2000年代に入り、公衆無線LAN(ラン)や高速モバイルデータ通信が急速に普及し、外出先で情報端末の電源を確保することも容易になってきたことがあげられる。さらに、2010年(平成22)ごろからスマートフォンとクラウドコンピューティングが一気に浸透しはじめ、外出先で仕事をするために持ち歩いていた多くの機器やバッテリーから解放されたことも大きな要因である。仕事上で作成する書類においても、外出先での確認や編集を考慮し、特殊なアプリケーションの機能はできるだけ使わず、ブラウザー上で使用するウェブアプリをはじめ、タブレット型端末やスマートフォンで開くことができるファイルの仕様が重視されるようになっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノマドワーカーの関連情報