コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノロ ノロ

4件 の用語解説(ノロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノロ
ノロ

祝女とも書く。沖縄本島奄美群島における公的司祭者としての神女のこと (→ユタ ) 。この地方における神女組織は,琉球王朝の確立とともに整備され,ノロは1集落ないし数集落の祭祀組織を統率した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ノロ
ノロ
Capreolus capreolus; roe deer

偶蹄目シカ科。体長 95~130cm,体高 65~85cm。角は雄だけに生えるが,短く,普通は3枝。夏毛は赤褐色であるが,冬毛は灰色がかった褐色で,尻に白い大きな斑紋が現れる。ヨーロッパ,中国,朝鮮半島アムール地方に分布し,低地から高地までの森林に生息する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノロ

ノロジカとも。偶蹄(ぐうてい)目シカ科。体長1〜1.1m,肩高64〜89cm。夏毛は赤褐色,冬毛はオリーブ褐色で,しりに大きな白斑が現れる。ヨーロッパ〜中国東北部,朝鮮半島,アムール流域に分布。
→関連項目与論島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノロ
のろ
roe
[学]Capreolus capreolus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目シカ科の動物。ノルともいう。中形のシカで、ヨーロッパ、中国、中近東と分布域が広い。地域によりいくつかの亜種があるが、大きく次の3亜種に分けられる。ヨーロッパノロC. c. capreolusは、ヨーロッパから中近東にかけて分布する。肩高60~68センチメートル。マンシュウノロC. c. bedfordiは、肩高65~78センチメートル。夏毛と冬毛の色彩的差異があまりない。中国、朝鮮半島などに分布する。オオノロC. c. pygargusは、3亜種のなかで最大で、肩高70~90センチメートル。アルタイ、アムール地方に産する。
 本種の毛色は、夏毛は赤黄色、冬毛は灰褐色。晩春から初夏にかけて成獣の雄は縄張り(テリトリー)をつくる。7月下旬から8月上旬の発情期に入ると、雄は雌を追い、2頭はノロの輪といわれる円を描くように走る。妊娠期間は9か月半にもなる場合があり、受精卵の着床遅延が認められている。出産期は5~6月。1産に普通2子、ときに3子、まれに4子を産む。寿命は15年ぐらいである。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノロの関連キーワードダマジカトナカイミュールジカシカ(鹿)スイロク(水鹿)パンパスジカプーズーヘラジカ(篦鹿)ホッグジカマザマジカ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノロの関連情報