コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノロ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノロ

祝女とも書く。沖縄本島,奄美群島における公的司祭者としての神女のこと (→ユタ ) 。この地方における神女組織は,琉球王朝の確立とともに整備され,ノロは1集落ないし数集落の祭祀組織を統率した。ノロという語は,祈る,祈る人,神の意思を述べる人などの意で,9世紀頃から存在した。一般にノロは任命制で選ばれ,神衣装,銀の簪 (かんざし) ,扇,ノロ地と呼ばれる土地が与えられるが,各村ではノロの出る家柄は決っていた。ノロの住居はノロ殿内と呼ばれ,守護神として火の神を祀っていた。ノロ制度は明治初年に廃止されたが,神役名称としては今日も残っている。

ノロ
Capreolus capreolus; roe deer

偶蹄目シカ科。体長 95~130cm,体高 65~85cm。角は雄だけに生えるが,短く,普通は3枝。夏毛赤褐色であるが,冬毛は灰色がかった褐色で,尻に白い大きな斑紋が現れる。ヨーロッパ,中国,朝鮮半島,アムール地方に分布し,低地から高地までの森林に生息する。肉は美味。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ノロ

ノロジカとも。偶蹄(ぐうてい)目シカ科。体長1〜1.1m,肩高64〜89cm。夏毛は赤褐色,冬毛はオリーブ褐色で,しりに大きな白斑が現れる。ヨーロッパ〜中国東北部,朝鮮半島,アムール流域に分布。
→関連項目与論島

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノロ
のろ
roe
[学]Capreolus capreolus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目シカ科の動物。ノルともいう。中形のシカで、ヨーロッパ、中国、中近東と分布域が広い。地域によりいくつかの亜種があるが、大きく次の3亜種に分けられる。ヨーロッパノロC. c. capreolusは、ヨーロッパから中近東にかけて分布する。肩高60~68センチメートル。マンシュウノロC. c. bedfordiは、肩高65~78センチメートル。夏毛と冬毛の色彩的差異があまりない。中国、朝鮮半島などに分布する。オオノロC. c. pygargusは、3亜種のなかで最大で、肩高70~90センチメートル。アルタイ、アムール地方に産する。
 本種の毛色は、夏毛は赤黄色、冬毛は灰褐色。晩春から初夏にかけて成獣の雄は縄張り(テリトリー)をつくる。7月下旬から8月上旬の発情期に入ると、雄は雌を追い、2頭はノロの輪といわれる円を描くように走る。妊娠期間は9か月半にもなる場合があり、受精卵の着床遅延が認められている。出産期は5~6月。1産に普通2子、ときに3子、まれに4子を産む。寿命は15年ぐらいである。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ノロの関連キーワードノロドムシハヌーク前国王記念日プリトビチェ湖群国立公園県産カキの生産量と出荷先奄美市立奄美博物館ウイルス性食中毒小型球形ウイルスカンポ・グランデT. プエンテいちこ(市子)カジメ(搗布)感染性胃腸炎のろ(祝女)ノロミジンコノロウイルスサポウイルス上塚 周平ノロ(獐)大城 カメ加計呂麻島イザイホー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノロの関連情報