コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーチラス号 ノーチラスゴウ

5件 の用語解説(ノーチラス号の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ノーチラス‐ごう〔‐ガウ〕【ノーチラス号】

《Nautilusはオウムガイの意》米国海軍の世界初の原子力潜水艦。1954年就航。平常時排水量3764トン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノーチラス号【ノーチラスごう】

世界最初の米国の原子力潜水艦。1954年進水。加圧水型原子炉を備え,水上排水量3180トン,全長98m,水中速力20ノット以上,潜航深度200m,連続50日以上の潜航が可能で航続距離5万kmに及ぶ。
→関連項目北極地方

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ノーチラスごう【ノーチラス号 Nautilus】

潜水艦の発展史上で記念すべき艦につけられてきた艦名で,次のものがある。(1)1800年R.フルトンの設計建造になる水上帆走,水中は手動スクリュー推進の潜水艇。(2)85年イギリスのA.キャンベル,J.アッシュの設計建造になる電池電動機推進の潜水艇。(3)1954年9月30日就役,55年1月17日〈われ原子力にて航行中〉の歴史的メッセージとともに世界で初めて原子力推進を採用したアメリカ海軍原子力潜水艦で,原子力の採用により,潜水したまま長時間の航行が可能な真の潜水艦となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ノーチラスごう【ノーチラス号】

1954年にアメリカ海軍が建造した世界最初の原子力潜水艦。基準排水量3530トン。水中速力20ノット以上。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノーチラス号
のーちらすごう
Nautilus

(1)ジュールベルヌの空想冒険小説海底二万里』に登場し、海底冒険旅行をした潜水艦名。その後の科学者に夢を抱かせたことで知られる。
(2)オーストラリアのヒューバート・ウィルキンスSir Hubert Wilkins(1888―1958)が極洋の結氷海中を潜航する計画をたて、1931年に、通常機関、1732トンの潜水艦につけた艦名。ただし、この試みは数回の故障によって不成功に終わった。
(3)アメリカ海軍がゼネラル・ダイナミックス社に建造させた世界最初の原子力潜水艦。1952年6月14日建造開始、54年9月30日就航。平常時排水量3764トン、潜水時排水量4040トン、長さ99メートル、幅8.5メートル。加圧水型原子炉により蒸気を得てタービンを動かし、1万5000馬力の出力で、潜水中の速力は20ノット以上である。乗員は士官10人のほか95人。同艦は58年8月に、同名の前艦が失敗した北極海で、海面が結氷した海中を太平洋から大西洋に向かって潜航横断に成功し、途中8月3日に北極点を通過した。その成功の要素の一つに慣性航法装置の使用があげられる。試運転開始から最初の燃料補給までの26か月の航走距離は6万海里で、そのうち3万4500海里は潜航であった。[茂在寅男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のノーチラス号の言及

【軍艦】より

…戦艦が徐々に姿を消した代りに空母が主役となり,とくにアメリカでは原爆搭載機を積む空母が戦略兵器としての価値を期待されるようになった。1954年,米潜水艦ノーチラス号の原子力機関成功によって,潜水艦は従来の欠点とされた水中速力と潜航時間を飛躍的に増大し,長射程ミサイルを搭載することによって戦略的な役割をも担うことになった。他方,水上艦艇はジェット機,戦術核兵器などによる脅威の増大に対してレーダーと対空ミサイルを主体とした艦隊防空体制の整備に腐心してきた。…

【原子力】より

…プルトニウム生産能力も大拡張され,サウス・カロライナ州サバンナ・リバーには重水減速型プルトニウム生産炉が建設された。原子力潜水艦は48年ころから開発され,54年世界初の原子力潜水艦ノーチラス号が進水した。原子力潜水艦の原子炉には,今日の加圧水型軽水炉の原型である濃縮ウラン燃料・軽水減速冷却型が用いられた。…

【原子力船】より

…これに対して,軍事利用の面では,燃料の長期にわたる補給を必要とせず,また長期潜水に耐える点が他に代えがたいため,原子力空母や原子力潜水艦として導入され,実戦配備されている。
[原子力船の歴史]
 アメリカにおいては1954年に原子力潜水艦ノーチラス号が進水した。この技術を基礎として,56年には原子力平和利用の一つとして貨客船のサバンナ号の建造が決まり,62年に完成した。…

【原子力発電】より


[歴史]
 アメリカでは,1942年にフェルミがシカゴパイルCP‐1炉による世界最初の核分裂連鎖反応に成功した直後から各種の原子炉の概念が検討され,44年までに少なくとも5種の炉型,たとえばヘリウム冷却高温ガス炉(HTGR),液体金属冷却高速増殖炉(LMFBR),均質炉,液体金属冷却炉などが提唱された。その後,46年から原子力潜水艦の開発が始まり,54年のノーチラス号(PWRを搭載)就航までにPWRの基本的技術が開発されたのであった。また,この間,1951年には高速炉EBR‐1が世界最初の100kWeの原子力発電に成功し,一方,均質炉ではウォーターボイラー炉が開発されている。…

【北極】より

…そこで,たとえばアメリカは,北極越えに飛来するソ連のICBMや核爆弾を搭載した戦略爆撃機を一刻も早く捕捉するため,1956年にカナダと共同で,北緯70゜線に沿って,DEWライン(遠距離早期警報組織)を設置した。またアメリカは58年8月8日,世界初の原子力潜水艦ノーチラス号による北極潜航横断の成功を発表した。ソ連も60年代に入ってから,原潜がムルマンスク方面から北極点へ行き,そこで氷を破って浮上,SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を発射できる態勢を誇示した。…

※「ノーチラス号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノーチラス号の関連キーワード記念スタンプ原子力潜水艦潜航艇潜水艦潜水母艦音響測定艦記念日潜水艇ソノブイサブマリンピッチャー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノーチラス号の関連情報