コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイパー・インフレーション hyper inflation

1件 の用語解説(ハイパー・インフレーションの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハイパー・インフレーション【hyper inflation】

物価上昇の勢いが激しく,1ヵ月間に数十%もの上昇が一定期間続く状態をいう。超インフレーションと訳される。第1次世界大戦後のドイツの例が最もよく知られているが,ほかにもほぼ同じころ起こったオーストリアハンガリー,ソ連などの例や,第2次大戦後のギリシア,ハンガリー,中国の例をあげることができる。また第2次大戦後の日本を含めることもある。
[背景]
 こうした悪性のインフレーションは,これまで平時に起こったことはないとされ,戦争や革命などに伴って起こっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のハイパー・インフレーションの言及

【インフレーション】より

… インフレーションは,インフレ率,つまり物価指数の上昇率の大きさによって,クリーピングcreeping(忍び足),ギャロッピングgalloping(駆足),ハイパーhyper(超)等の形容を付されることがある。おおまかに年率数%以下がクリーピング・インフレーション,10%を超えるとギャロッピング・インフレーションといわれるが,月率数十%以上になるとハイパー・インフレーションになる。このほかにも1970年代にポピュラーとなった〈2けたインフレdouble digit inflation〉という形容もある。…

※「ハイパー・インフレーション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハイパー・インフレーションの関連キーワード誘因一因千早振る鉄馬破竹の勢い日の出の勢い奔馬COLA滾つハイパー・インフレーション(Hyper inflation)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハイパー・インフレーションの関連情報