コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイブロー highbrow

翻訳|highbrow

デジタル大辞泉の解説

ハイブロー(highbrow)

[名・形動]《「ハイブラウ」とも》教養や学識のある人。知識人。また、知的で趣味がよく高級であるさま。「ハイブローな雑誌」⇔ローブロー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ハイブロー【highbrow】

( 名 ・形動 )
〔ハイブラウとも〕
学問・教養のある人。知識人。また、知的で高級なさま。 「 -な議論」
学問・教養を鼻にかける人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のハイブローの言及

【ハイブラウ】より

…20世紀初頭から使われだしたアメリカ英語で,学問や教養のある人,知識人の意味。ハイブローともいう。この逆がローブラウlowbrowで,中間がミドルブラウmiddlebrowである。…

【ひたい(額)】より

…前頭部の一部の称。これを〈ひたい〉と呼ぶようになったのは平安時代以降で,それ以前は〈ぬか〉と言った。〈我妹子(わぎもこ)が額(ぬか)に生ひたる双六(すぐろく)の牡牛(こといのうし)の鞍の上の瘡(かさ)〉(《万葉集》巻十六,3838)。額を地につけて神仏などを拝礼する中国の〈叩頭礼〉は日本では〈額突(ぬかず)き〉である。米搗虫(こめつきむし)は叩頭虫(ぬかずきむし)と呼ばれた。《和玉篇(わごくへん)》では顙(そう),(せん),(つい),題(てい)をひたいのこととしているが額をあげていない。…

※「ハイブロー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハイブローの関連キーワードハイブラウローブ知識人学識学問教養

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android