コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハコエビ Linuparus trigonus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハコエビ
Linuparus trigonus

軟甲綱十脚目イセエビ科。体長 35cm以上。体は硬い外骨格で覆われ,頭胸甲は断面が五角形をした縦長の箱形。第2触角は頭胸甲長の 2倍に達し,太くて前方に突出する。甲は朱赤色で,腹部背面に雲状紋がある。房総半島以南,アメリカ合衆国ハワイ州オーストラリアの水深 30~200mの泥底に生息する。日本近海では東シナ海に多産する。魚市場ではドロエビと呼ぶ。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハコエビ
はこえび / 箱海老
[学]Linuparus trigonus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目イセエビ科に属するエビ。体長35センチメートルに達する大形種。あまり多くはないが、水深30~100メートルの泥底からトロール網で漁獲される。肉は食用となるが、肉質が堅く美味ではない。市場ではドロエビとよぶことがある。房総半島以南の太平洋側、山陰地方沿岸、東・南シナ海、ハワイ、アフリカ東岸などから知られている。頭胸甲は断面が五角形に近い箱形で、イセエビ類のプエルルス幼生に似ている。第2触角はイセエビ類とは違って、まっすぐな太い棒状で、体長の約2倍に達する。色は朱赤色で、腹部には黄白色の雲状紋がある。現生種はほかに2種知られているだけであるが、化石種は多い。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハコエビの関連キーワードリニュパルスプエルルス甲類