コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハコエビ ハコエビ Linuparus trigonus

2件 の用語解説(ハコエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハコエビ
ハコエビ
Linuparus trigonus

軟甲綱十脚目イセエビ科。体長 35cm以上。体は硬い外骨格で覆われ,頭胸甲は断面が五角形をした縦長の箱形。第2触角は頭胸甲長の 2倍に達し,太くて前方に突出する。甲は朱赤色で,腹部背面に雲状紋がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハコエビ
はこえび / 箱海老
[学]Linuparus trigonus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目イセエビ科に属するエビ。体長35センチメートルに達する大形種。あまり多くはないが、水深30~100メートルの泥底からトロール網で漁獲される。肉は食用となるが、肉質が堅く美味ではない。市場ではドロエビとよぶことがある。房総半島以南の太平洋側、山陰地方沿岸、東・南シナ海、ハワイ、アフリカ東岸などから知られている。頭胸甲は断面が五角形に近い箱形で、イセエビ類のプエルルス幼生に似ている。第2触角はイセエビ類とは違って、まっすぐな太い棒状で、体長の約2倍に達する。色は朱赤色で、腹部には黄白色の雲状紋がある。現生種はほかに2種知られているだけであるが、化石種は多い。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハコエビの関連キーワードイセエビ軟甲類伊勢海老錦海老沼海老箱海老藜海老乙姫蝦桜蝦芝海老

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone