コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハサミアジサシ ハサミアジサシ Rynchops; skimmers

2件 の用語解説(ハサミアジサシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハサミアジサシ
ハサミアジサシ
Rynchops; skimmers

チドリ目カモメハサミアジサシ属の鳥の総称。別名アジサシモドキ。3種からなり,アフリカ,熱帯アジアパキスタンからミャンマー南アメリカから北アメリカそれぞれ 1種ずつ分布している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハサミアジサシ
はさみあじさし / 鋏鰺刺
skimmer

鳥綱チドリ目ハサミアジサシ科に属する海鳥の総称。この科Rynchopidaeの仲間は、全長38~45センチメートル、かつてはアジサシモドキとよばれた。おもに熱帯地方の海岸や内陸湖沼、河口域にすむ。この鳥の下嘴(くちばし)はごく細くしなやかで、上嘴よりも25ミリメートルほど長く、特殊な採餌(さいじ)法をもつ。夕方や明け方、また月夜に、静かな水面を下嘴で切るようにして水面すれすれに飛び、下嘴に当たる小魚や甲殻類を、開いた上嘴で挟みとらえる。夜には小動物が水面近くに浮上するので、餌(えさ)を得やすい。昼には砂州の水際に群れて休む。小集団で砂州の地上に営巣し、2、3卵を産む。孵化(ふか)した雛(ひな)はまもなく巣を離れる。雛はよく泳ぐことができ、嘴は初め上下とも同じ長さであるが、飛べるようになると下嘴が長くなる。アメリカ、インド・東南アジア、アフリカに1種ずつ、世界に3種がいる。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハサミアジサシの関連キーワードコアジサシ鰺刺小鰺刺白鰺刺盗賊鴎フランクリン鴎アジサシ(鰺刺)カモメ(鷗)ハサミアジサシ(挟鰺刺)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone