コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハシカグサ ハシカグサ Hedyotis lindleyana var. hirsuta

2件 の用語解説(ハシカグサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハシカグサ
ハシカグサ
Hedyotis lindleyana var. hirsuta

アカネ科の一年草で,東南アジアから東アジアに広く分布する。日本では本州,九州の山野の木陰に生える。茎は分枝して地をはい長さ 20~40cmとなる。葉は対生し,革質で短い柄があって,長さ2~4cmの狭卵形で全縁である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハシカグサ
はしかぐさ
[学]Hedyotis lindleyana Hook.

アカネ科の一年草。茎はよく分枝して地上をはい、10~40センチメートルとなる。葉は対生し、卵形で長さ2~4センチメートル。8~10月、葉腋(ようえき)に白色花が数個固まって開く。花冠は4裂し、長さ3~4ミリメートル。子房は下位で2室。果実は多数の種子がある。山地のやや湿った木陰などに多く生え、本州から九州、および中国、インド、東南アジアに分布する。変異の多い植物で、毛が少なく、大形となる変種をオオハシカグサとして区別することがある。[福岡誠行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハシカグサの言及

【フタバムグラ】より

…熱帯域で多くの種が民間薬とされ,また根が染料にされるものもある。日本にはハシカグサのほか,暖地海岸にソナレムグラがある。【福岡 誠行】。…

※「ハシカグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハシカグサの関連キーワード東南アジア条約機構南海貿易アジアカーアジア象沼蛙アジア風邪アジアダラーアジアンポップス川雲雀貝東南アジア学会

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone