コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハタンポ sweepers

3件 の用語解説(ハタンポの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハタンポ【sweepers】

スズキ目ハタンポ科ハタンポ属Pempherisの魚の総称。日本からはミナミハタンポツマグロハタンポミエハタンポリュウキュウハタンポの4種が報告されている。リュウキュウハタンポは沖縄以南に,他の3種は本州中部以南の沿岸に分布する。大きくなる種でも全長15cmに達する程度である。岩礁域の岩陰などに大群をつくっていることが多く,見かけることも多いため,ウボゼワタンポワタボなど地方名も多いが,ハタンポ類の混称として用いることが多いようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハタンポ
ハタンポ

ハタンポ科」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハタンポ
はたんぽ / 葉丹宝
sweeper

硬骨魚綱スズキ目ハタンポ科に属するハタンポ属Pempherisの海水魚の総称。熱帯から温帯にかけて、外洋に面した海の浅い岩礁地帯に群れをなしてすんでいる。全長20センチメートル以下の小魚で、体は側扁(そくへん)し、胸部の幅が広く尾柄(びへい)に向かって細長い。目は大きい。背びれは一つで短く、臀(しり)びれは低くて長い。日本から4種が知られているが、普通にみられるものは、ツマグロハタンポP. japonicaとミナミハタンポP. xanthopteraである。[片山正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハタンポの関連キーワード赤羽太たんぽたんぽ槍羽太湯湯婆きりたんぽの日たんぽぽ娘ツマグロハタンポミエハタンポミナミハタンポ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone