コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハチソン ハチソン Hutcheson, Francis

5件 の用語解説(ハチソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハチソン
ハチソン
Hutcheson, Francis

[生]1694.8.8. アイルランドダウン
[没]1746. グラスゴー
イギリスの哲学者。倫理における道徳感覚の理論の提唱者。父,祖父とも長老派牧師。グラスゴー大学で学び,卒業後ダブリンに私塾を開き,英国教会の聖職者たちと親交を深めた。 1729年道徳哲学教授としてグラスゴー大学に帰り,死ぬまでその職にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハチソン(Francis Hutcheson)

[1694~1746]英国の哲学者。人間の心性には善悪の別を判断する自然で普遍的な道徳感覚があると主張し、また善の基準は最大多数の最大幸福にあると説いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハチソン【Francis Hutcheson】

1694‐1747
アイルランド生れの道徳哲学者。グラスゴー大学で神学を学んだ後にダブリンに戻って私学校を開き,この間最初の著作《美と徳のわれわれの観念の原型》(1725)を公刊して注目を浴びた。まもなくグラスゴー大学の道徳哲学教授に転じ,この教授職の後継者たるA.スミスに連なるいわゆるスコットランド学派立役者の一人となった。主著は死後に刊行された《道徳哲学の体系》(1755)である。彼は基本的にはシャフツベリによる美と徳の類比にもとづく人間本性の利他的な仁愛の性格の強調を受けつぎ,われわれには特定の行動や情念について必ず直観的にそれの是非善悪を弁別する〈道徳感覚moral sense〉が備わっていると説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ハチソン【Francis Hutcheson】

1694~1746) イギリスの思想家。道徳的判断の根拠を理性にではなく、個人的欲求・情念から独立した道徳感覚に置き、のちのヒュームや功利主義に影響を与えた。著「美と徳の観念の起源」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハチソン
はちそん
Francis Hutcheson
(1694―1746)

18世紀イギリスの道徳感覚学派を代表する哲学者。北アイルランドアルスターに生まれ、グラスゴー大学を卒業。のちにイギリス哲学者としては初めての教授職につき、同大学教授となる。彼はシャフツベリ伯の考えを受け継いで、人間の心性には利己的傾向とは独立に利他的傾向があり、また美的感覚と同様に、正邪の別を判断する自然で普遍的な道徳感覚、無私の慈愛があると主張し、徳を普遍的な慈愛と同一視した。また、普遍的幸福への傾向を善の基準として、功利主義者の「最大多数の最大幸福」とほぼ同じ句を用いていることは注目に値する。主著に『美および徳の観念の起源』(1725)、『道徳哲学体系』2巻(1755)などがある。[杖下隆英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハチソンの言及

【重商主義】より

…この意図は,D.ヒュームやJ.タッカーを経てA.スミスにつながる経済思想であった。
【主要な理論家・思想家】
 重商主義期の主要な理論家・思想家としては,以上に挙げた人たちのほかに,イギリスでは,労働価値説を萌芽的に説き古典派経済学の最初の人と評価されているW.ペティ,私的所有権の根拠を労働に求めその見地に立脚してT.ホッブズからの前進を示し同時に貨幣・利子論の分野でも貢献したJ.ロック,ロックの貨幣・利子論の系譜に属する自由貿易論者J.バンダーリント,重商主義的性格を残しながらも特異な思想家として主著《蜂の寓話》(1714)を著したB.deマンデビル,古典派経済学の生誕を用意した関係にあるR.カンティヨン,J.ハリス,スミスの師F.ハチソン,さらに有効需要重視の観点から経済学の体系化を試み《経済学原理》(1767)によって〈最後の重商主義者〉と呼ばれることになったJ.スチュアートなどを挙げることができる。 イギリス以外の後進資本主義国だったフランス,ドイツ,アメリカなどは,イギリスの世界市場支配とその産業革命の進展に影響されつつ,その特殊な後進的社会構造を資本主義化したために,重商主義の語をこれらの国における歴史的体制概念として使用することは困難である。…

※「ハチソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハチソンの関連キーワードアイルランドアイルランド海ケアード道徳哲学グラスゴーグリーングラスゴー大聖堂リンリスゴーアプラスゴールドカードアイルランド[島]アングロ・アイリッシュ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハチソンの関連情報