コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心性 シンショウ

デジタル大辞泉の解説

しん‐しょう〔‐シヤウ〕【心性】

仏語。不変な心の本性。すべての人間が生まれながらにもっている本性。

しん‐せい【心性】

心のあり方の特質。心的傾向。メンタリティー。「日本人の心性

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんしょう【心性】

〘仏〙 不変な心の姿。本来の清浄な心。 「いはゆる-の常住なる理ことわりを知るなり/正法眼蔵」
しんせい(心性) 」に同じ。

しんせい【心性】

こころ。こころのあり方。
心の特質。
フランス mentalité〕 フィリップ=アリエスやアナール派に代表される新しい歴史学や社会学の対象。ある時代のある社会集団に共有されている、ものの考え方や感じ方の総称。死生観や家族概念などが含まれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

心性の関連キーワードベンジャミン キッドジャン ドリュモーエグゾティシズムスピロノラクトンレビ・ブリュールレビ=ブリュールレビ・ブリュールJ. ル・ゴフレビブリュールマイホーム主義ギンズブルグ老年精神医学アナール学派波多野完治本来の面目深層社会学心性本浄説フィリップマンタリテアルゲダス

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心性の関連情報