コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心性 シンショウ

デジタル大辞泉の解説

しん‐しょう〔‐シヤウ〕【心性】

仏語。不変な心の本性。すべての人間が生まれながらにもっている本性。

しん‐せい【心性】

心のあり方の特質。心的傾向。メンタリティー。「日本人の心性

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

心性 しんしょう

?-? 鎌倉時代の漆工。
平文(ひょうもん)(漆工芸技法のひとつ)にすぐれる。正和(しょうわ)4年(1315)勅命により近江(おうみ)(滋賀県)日吉神社の神輿(しんよ)造り替えにあたった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんしょう【心性】

〘仏〙 不変な心の姿。本来の清浄な心。 「いはゆる-の常住なる理ことわりを知るなり/正法眼蔵」
しんせい(心性) 」に同じ。

しんせい【心性】

こころ。こころのあり方。
心の特質。
フランス mentalité〕 フィリップ=アリエスやアナール派に代表される新しい歴史学や社会学の対象。ある時代のある社会集団に共有されている、ものの考え方や感じ方の総称。死生観や家族概念などが含まれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

心性の関連情報