コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハックス ハックス Hacks, Peter

3件 の用語解説(ハックスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハックス
ハックス
Hacks, Peter

[生]1928.3.21. ブレスラウ(現ポーランドウロツワフ)
ドイツの劇作家。ミュンヘン大学でドイツ文学を専攻したが,1955年東ベルリンに移住。ブレヒトの後継者として注目され,社会批判を基調とする写実的な作風で知られる。主作品は『憂愁と権力』 Die Sorgen und die Macht (1959) ,『モーリッツ・タッソー』 Moritz Tasso (65) ,『エックスのマルガレーテ』 Margarethe in Aix (67) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハックス【Peter Hacks】

1928‐2003
ドイツの劇作家,抒情詩人。ブレスラウ(現,ポーランドのブロツワフ)に生まれ,ミュンヘン大学で文学博士号を受けたが,1955年に東ベルリンへ移住。ブレヒトの《民衆劇注解》に触発されて《民衆本エルンスト公》(1953)を書いたのち,過去の時代的変動期を背景に現代に重なる問題提起を行う《インド時代の開始》(1954),代表作《ロボジッツの戦》(1954),《サンスーシーの粉屋》(1955)を発表,H.ミュラーとならぶ重要なブレヒト継承者として国際的な評価を浴びた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハックス
はっくす
Peter Hacks
(1928―2003)

ドイツの劇作家。ブレスラウ(現ポーランド領ブロツワフ)生まれ。デビュー作『インド洋時代の開始』がミュンヘンで初演された1955年、当時の東ドイツに移住。ブレヒトの影響を受けて、歴史的題材を現代の立場から弁証法的に扱った『ロボジッツの戦い』(1956)、『無憂宮の風車屋』(1958)を発表、現代劇執筆の要請を受けて書いた『憂慮と権力』(1960)や『モリッツ・タッソー』(1965)は、国内の矛盾をつきすぎたため党から批判され、以後は革命後の劇作法を提唱し、古典的、娯楽的なテーマに逃避した。『シュタイン家における不在のゲーテ氏との対話』(1976)など、技巧的に優れた数多くの作品や古典の改作(ゲーテやアリストファネス)を発表した。ドイツ統一後も多作だが、統一前ほど新作の上演は多くなかった。『ハフナー、ジャコウネズミ』(1993)、『テレマック王子と教育係メントール』(1997)、『国王、道化、ワニ』(1998)、『蚤(のみ)の市』(2001)などの作品のほかに文学論、詩論、詩集などを発表した。[岩淵達治]
『五十嵐敏夫訳『憂慮と権力』(『現代世界演劇11』所収・1971・白水社) ▽岩淵達治他訳『シュタイン家における不在のゲーテ氏との対話』(1999・日本ゲーテ協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハックスの関連キーワードブレスラウスラウチダブルブレストブレストストロークスラウチハット覆面レスラーブレスサーモブレスパレットベスラウアーブレストカラー (breast collar)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハックスの関連情報