コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハティエン ハティエン Ha Tien

2件 の用語解説(ハティエンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハティエン
ハティエン
Ha Tien

ベトナム南部,キエンジャン省北西端の町。省都ラクジャの北西約 80km,タイ湾にのぞむ港町で,カンボジアとの国境に近い。沿岸漁業の基地として,また蜂蜜の産地として知られる。海岸沿いの道路,運河でラクジャと結ばれるほか,国境沿いに内陸に延びる水路によりチャウドクと連絡。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハティエン【Ha Tien】

ベトナム南部,キエンザン省に属する,シャム湾に面したカンボジア国境に近い港町,また地域名。ビンテ運河を通じてメコン本流と結ばれ,かつてはシャム湾とカンボジアを結ぶ枢要な港市であった。古くはカンボジア王国バンテアイメアスBanteay Meas(ポルトガル人はポンティアマスPonthiamasと呼んだ)として知られていたが,17世紀末,中国の広東・雷州の人鄚玖(まくきゆう)がカンボジア王よりハティエン地方の総督に任命されて以来,中国人がこの地に集居し,沖合のフークオク島から南のカマウ半島にかけての地に,鄚氏を首長とする半独立の港市国家が成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハティエンの関連キーワードザロンタイニンニャンザン広南オケオベトナム共和国ベトナム民主共和国グエン・タイ・ホクスアンロクファン・タイン・ザン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone