コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナヒリノキ

百科事典マイペディアの解説

ハナヒリノキ

ツツジ科の落葉低木。本州北海道山地にはえる。高さ30〜100cm。葉は互生し,倒卵状楕円形で長さ3〜8cm,縁には毛があり,下面白色を帯びる。7〜8月,上部葉腋に長い花穂を出し,壺形で長さ4mmほどの淡緑色花を多数下向きにつける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハナヒリノキ【Leucothoe grayana Maxim.】

山地の林縁に生えるツツジ科の落葉低木。和名は,葉の粉末が鼻に入ると,くしゃみがでるところからつけられたという。茎は斜上し,0.3~1mとなる。葉は互生して2列に並び,長楕円形で細脈が目だち,長さ3~8cm,幅1.5~5cm,縁に毛が生える。7~8月,長さ5~15cmの細長い花序に多数の淡緑色の花が下側にかたよってつく。花冠はつぼ状で先が浅く5裂し,4mm。おしべは10本。は先端が開孔する。蒴果(さくか)は扁球形で径4.5mm,10本の縦の溝があり,5裂する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナヒリノキ
はなひりのき
[学]Leucothoe grayana Maxim.

ツツジ科の落葉低木。高さ1~2メートル。葉は互生し、長楕円(ちょうだえん)形で長さ3~10センチメートル。両面にやや堅い毛があって、縁(へり)に毛状の鋸歯(きょし)があり、裏面は葉脈が突出する。7~8月、枝先に総状花序をつくり、壺(つぼ)状の緑白色花を多数下向きに開く。花序は有毛で、包葉があり、花冠は径約4ミリメートル、先は浅く5裂し、雄しべは10本。果実は扁球(へんきゅう)形の(さくか)で径4~5ミリメートル、上を向く。山地に生え、近畿地方以北の本州、北海道に分布する。変種のウラジロハナヒリノキは花序や葉に毛が少なく、葉の裏面は白色を帯びる。高山に生え、東北、中部、中国地方に分布する。両種とも有毒植物である。名は葉の粉末が鼻に入るとくしゃみが出ることによる。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハナヒリノキの言及

【有毒植物】より

…世界にさきがけて全身麻酔を行った華岡青洲の通仙散には,チョウセンアサガオの葉が用いられた。麻痺性有毒植物としては,ツツジ科のアセビ,レンゲツツジ,ハナヒリノキなどが酩酊状態を招き手足がしびれ呼吸麻痺で死にいたる中毒をおこす。ギリシアの歴史家クセノフォンの記録には,兵士たちがツツジ科植物に由来する蜂蜜をなめて狂乱しある者は死んだ,と書かれている。…

※「ハナヒリノキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハナヒリノキの関連キーワードウラジロハナヒリノキ小林義雄