コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナミズキ

4件 の用語解説(ハナミズキの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ハナミズキ

日本のポピュラー音楽。歌は女性歌手、一青窈。2004年発売。作詞:一青窈(ひととよう)、作曲:マシコタツロウ。2005年、日本中央競馬会のCMに起用。

ハナミズキ

2010年公開の日本映画。監督:土井裕泰、脚本:吉田紀子。出演:新垣結衣、生田斗真、蓮佛美沙子、ARATA、木村祐一、松重豊、向井理、薬師丸ひろ子ほか。第84回キネマ旬報ベストテン新人男優賞(生田斗真)受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハナミズキ

アメリカヤマボウシとも。北米原産のミズキ科の落葉小高木。大正初年に渡来。葉は対生し,広楕円形。5〜6月,葉に先だって4枚の大きな総包片の中心部に黄色を帯びた小さな4弁花を密につける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナミズキ
はなみずき / 花水木
flowering dogwood
[学]Cornus florida L.

ミズキ科の落葉高木。北アメリカ原産で、花が同属のヤマボウシに似るので、アメリカヤマボウシともいう。アメリカヤマボウシとハナミズキの名を混ぜ合わせてアメリカハナミズキという場合があるが、アメリカの名を冠する呼称は適切ではない。高さ5~12メートル。樹皮は灰黒色で縦に溝があり、小枝は緑白色または紫褐色である。葉は短い柄があって対生し、楕円(だえん)形または卵形で長さ8~15センチメートル、先は短くとがり、縁(へり)に鋸歯(きょし)はない。葉裏は白色を帯び、脈上に微毛がある。秋、美しく紅葉する。4~5月、小枝の先に頭状花序をつくり、黄緑色で小さな4弁花を集めて開く。花序の基部に白色で花弁状の大きな総包片が4枚あり、倒卵形で長さ4~5センチメートル、先はへこむ。核果は枝先に数個つき、楕円形で長さ約1.2センチメートル、先端に宿存萼(がく)があり、10月ころ深紅色に熟す。ヤマボウシのような集合果にはならない。前年の秋には、擬宝珠(ぎぼし)状のつぼみが枝に頂生する。
 カナダのオンタリオ州、アメリカのマサチューセッツ州からフロリダ州、テキサス州と、メキシコの一部に分布する。アメリカではドッグウッドと称し、バージニア州の州花になっている。日本への導入は、1912年(明治45)、当時の東京市長尾崎行雄(ゆきお)がサクラの苗木をワシントン市に寄贈した返礼として、15年(大正4)に贈られたのが初めである。現在も、東京の日比谷(ひびや)公園に原木が残っている。園芸品種に、総包片が淡紅色から濃紅色までの変異があるベニバナハナミズキ、果実が黄熟するキミノハナミズキ、総包片が6~8枚あるヤエハナミズキ、葉に淡黄色の斑(ふ)が入るキフハナミズキなどがある。庭園、公園に植栽される。[小林義雄]

栽培

半日陰地でも育つが、日当りのよい、適湿の肥沃(ひよく)地でよく育つ。繁殖は主として接木(つぎき)により、台木はハナミズキまたはヤマボウシの実生(みしょう)苗を用いる。実生は秋に果肉を除いてから、取播(ま)きをする。挿木は発根がよくない。カイガラムシ類や、幹に被害を与えるコウモリガなどの害虫は、発生の初期に防除しないと大きな被害を受ける。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハナミズキの言及

【ヤマボウシ】より

…梅雨のころ,4枚の花弁状で白色大型の総苞片をもつ花を樹冠全体に咲かせる。庭園樹としてなじみの深いハナミズキとはごく近縁である。樹皮は赤褐色で鱗状に剝離する。…

※「ハナミズキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハナミズキの関連情報