ハバネラ(英語表記)habanera

  • havanera スペイン語 英語 フランス語
  • 〈スペイン〉habanera
  • スペイン
  • 曲名

翻訳|habanera

デジタル大辞泉の解説

19世紀前半、キューバに起こった、ゆるやかな二拍子のリズムをもつ舞曲。
[補説]作品名別項。→ハバネラ
ビゼーオペラカルメン」の第1幕でカルメンによって歌われるアリア通称冒頭歌詞から「恋は野の鳥」の題名で知られる。
サン=サーンスバイオリンピアノのための作品。1888年作曲。キューバの民俗舞曲ハバネラのリズムを用いている。管弦楽伴奏版も知られる。アバネーズ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

19世紀にキューバで行われたダンス音楽。スペイン語の発音ではアバネーラ。首都ハバナにちなむ名称。英国のカントリー・ダンスcountry danceが17世紀末にフランスを経てスペインに伝わりコントラダンサcontradanzaとなり,さらにそれがキューバに伝わりダンサdanzaと呼ばれ,そのハバナ版が19世紀初頭にダンサ・アバネーラとなったとされる。1拍目で大きく跳ねるようなリズムはアルゼンチンに伝わってタンゴを生んだ。サルスエラや通俗歌曲で人気を博したスペインの作曲家S.イラディエール〔1809-1865〕がハバネラのスタイルで作曲した《ラ・パローマ》は20世紀初頭まで欧米で広く演奏され,《エル・アレグリート》はビゼーの《カルメン》に採り入れられた。ラベルの管弦楽曲《スペイン狂詩曲》の第3曲,サン・サーンスのバイオリン独奏曲《ハバネラ》(1887年)も名高い。
→関連項目ミロンガ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

フランスの作曲家ジョルジュ・ビゼーのオペラ『カルメン』(1875)で歌われるアリア。原題《Habanera》。『恋は野の』とも呼ばれる。
フランスの作曲家サン・サーンスのピアノとヴァイオリンのための二重奏曲(1888)。原題《Havanaise》。『アヴァネーズ』とも呼ばれる。キューバの民俗舞曲ハバネラのリズムを用いている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スペイン語の発音ではアバネーラ。19世紀にキューバで行われたダンス音楽で,〈ハバナの(踊り)〉の。アルゼンチンの音楽学者カルロス・ベガによれば,17世紀から19世紀前半までイギリスで愛好された社交的な民俗舞踊,カントリー・ダンスcountry danceは,17世紀末にフランスを経てスペインに伝わってコントラダンサcontradanza(フランスではコントルダンスcontredanse)と化し,それがキューバに伝えられてダンサdanzaと呼ばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ハバナの、の意
一九世紀前半にキューバに興った二拍子系の舞踏または舞曲。アバネラ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

19世紀後半のヨーロッパ、とくにスペインで好まれた歌と踊り。キューバ起源といわれ、名称もキューバの首都ハバナに由来している。ゆっくりとした2/4拍子で、のちにタンゴにも取り入れられたのリズムが特徴的である。これはときに第1拍目が3連符になることもある。踊り手は、腕や腰など身体を官能的に動かすが、回るとき以外は足を床から上げない。ハバネラ形式の歌曲ではイラディエルSebastian Yradier(1809―65)の作品が有名で、ビゼーもオペラ『カルメン』第1幕にその一つを用いている。器楽曲は、アルベニス、ファリャ、シャブリエ、ドビュッシー、ラベルなど、スペインやフランスの作曲家に多い。[関根敏子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (habanera 「ハバナ風」の意) 舞曲の一つ。一九世紀前半キューバの首都ハバナを中心にはじまった。ゆるやかな二拍子のリズムが特色。スペインを経てヨーロッパ各地に伝わり、ビゼーがオペラ「カルメン」に使用したハバネラは特に有名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のハバネラの言及

【ポピュラー音楽】より

…このルンドゥーはブラジルより前にペルーヘ,アフリカから奴隷によって伝えられたものだとする説もある。キューバでは1800年ごろにハバネラhabanera(発音はアバネーラ)が生まれ,19世紀中葉にヨーロッパにも伝えられた。ルンドゥーもハバネラも付点8分音符と16分音符を組み合わせた軽く跳ねるリズム感をもち,ポルトガルもしくはスペインの音楽にアフリカ的リズム感を加味したものと考えられるが,これがその後のラテン・アメリカの音楽の基調となったといってよく,19世紀半ばにブラジルで生まれた器楽の音楽ショーロも,19世紀末にアルゼンチンのブエノス・アイレスで生まれた踊りの音楽タンゴも,このリズムがもとになっている。…

【ポピュラー音楽】より

…このルンドゥーはブラジルより前にペルーヘ,アフリカから奴隷によって伝えられたものだとする説もある。キューバでは1800年ごろにハバネラhabanera(発音はアバネーラ)が生まれ,19世紀中葉にヨーロッパにも伝えられた。ルンドゥーもハバネラも付点8分音符と16分音符を組み合わせた軽く跳ねるリズム感をもち,ポルトガルもしくはスペインの音楽にアフリカ的リズム感を加味したものと考えられるが,これがその後のラテン・アメリカの音楽の基調となったといってよく,19世紀半ばにブラジルで生まれた器楽の音楽ショーロも,19世紀末にアルゼンチンのブエノス・アイレスで生まれた踊りの音楽タンゴも,このリズムがもとになっている。…

※「ハバネラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハバネラの関連情報