コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマボウ(浜朴) ハマボウHibiscus hamabo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマボウ(浜朴)
ハマボウ
Hibiscus hamabo

アオイ科の落葉低木で,神奈川県以西,四国,九州,沖縄にかけての海岸に生える。高さ2~3mである。葉は円形で厚く,長さ 5cm内外で葉柄がある。夏に,上部の枝の葉腋に1個の黄色花をつける。1日花で朝開いた花は夕方にしぼんで落花する。萼は5裂し,花は螺旋状に巻いた5枚の花弁から成り,各花弁の基部に近いところは紫褐色をしている。多数のおしべは癒合して一体となり,長い柱をつくって花の中央に立つが,めしべはこの柱を内部から貫いて柱頭が先端に突き出す。 蒴果は円錐形で長さ 3cm。樹皮をさらして繊維をとり,漁網や縄をつくった。南西諸島や小笠原諸島などの海岸には,近縁の高木であるオオハマボウ H. tiliaceusが自生している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハマボウ(浜朴)の関連キーワード渥美

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android