コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマボウ

百科事典マイペディアの解説

ハマボウ

アオイ科の落葉低木。本州(神奈川以西)〜九州の暖地の海岸にはえる。葉は円形で,裏面には黄灰色の毛が密生,縁には鋸歯(きょし)がある。7〜8月,枝先や葉腋に径7〜10cmの黄色5弁の大型花を開く。中心部は暗紅色。おしべは多数あり,合着する。果実は卵形で10〜11月,黄褐色に熟し,5裂する。
→関連項目ハイビスカス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハマボウ【Hibiscus hamabo Sieb.et Zucc.】

日本の本州南部,四国,九州,琉球原産のアオイ科の低木で,ときに観賞用に庭園に植えられるほか,防潮林とされる。高さ3~5mになり,若枝若葉に絹毛を有する。葉は円形から心臓形で,フヨウよりも小さく,先端はとがる。花は直径7~10cm,黄色で7~8月に咲く。通常,葉腋(ようえき)に単生するが,ときに枝の先に群がって咲くことがある。小苞片は8~10枚,萼は途中で折れて5片に開く。果実は楕円形で先端はとがる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマボウ
はまぼう / 浜朴
[学]Hibiscus hamabo Sieb. et Zucc.

アオイ科の落葉小高木。葉は長柄があって互生し、倒卵状円形で長さ3~6センチメートル、先はわずかにとがり、基部は心臓形、縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)があり、厚い紙質で裏面に白毛を密生する。夏、枝先に径約5センチメートルの漏斗(ろうと)状の5弁花を1、2個腋生(えきせい)する。花色は黄色で底部は濃紅色。小包葉は8~10枚、基部は癒合し、細毛がある。萼片(がくへん)は5枚。雄しべは多数あって単体をなし、これを貫いて雌しべの5花柱が抽出し、柱頭は暗紅色を呈す。(さくか)は卵形でとがり、下部に宿存萼がある。海浜に生え、関東地方南部以西の本州から九州、奄美(あまみ)大島に分布する。名は、浜に生えるホオノキの意味。防潮林として植栽する。近縁種オオハマボウはハマボウに似るが、葉は円心形で大きく、長さ10~15センチメートル、全縁か波状の鋸歯がある。海岸に生え、屋久島(やくしま)、種子島(たねがしま)以南、および東南アジア、インド、オーストラリア、太平洋諸島に広く分布する。[古澤潔夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハマボウの言及

【塩生植物】より

…塩生湿地内の塩類濃度,浸水時間の場所による違いに対応して,異なる塩生植物が分布する。ハマボウは塩生湿地に群落をつくる代表的な例である。気根の発達,胎生的な芽生えなどの特徴を示すマングローブ林は西表島ではよく発達し,6種のマングローブ植物が生育するが,日本における分布の北端にあたる鹿児島県揖宿郡喜入町では規模が小さく,マングローブ植物としてはメヒルギただ1種が生育しているのみである。…

※「ハマボウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハマボウの関連情報