コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマユウ ハマユウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマユウ

ハマオモト(浜万年青)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマユウ
はまゆう / 浜木綿
[学]Crinum asiaticum L. var. japonica Bak.

ヒガンバナ科の海浜生の多年草。植物学上の和名はハマオモト浜万年青)であるが、一般にはハマユウのほうが通りがよい。偽茎は直立し、高さ30~50センチメートル。葉は鱗茎(りんけい)状に重なり合い、内部は白く、木綿(ゆう)(白い幣(ぬさ))を思わせるので、ハマユウの名がついた。花は7~9月、花茎の先に十数花集まって開き、芳香がある。白色で花筒は長さ5~6センチメートル、花被片(かひへん)は長さ7~9センチメートル。秋に花茎が地上に倒れ、やや球状で径2~3センチメートルの種子を播(ま)く。分布の北限界は年平均気温15℃の等温線とほぼ一致し、それを結んだラインを小清水卓二はハマオモト線Crinum lineと名づけた。[湯浅浩史]

文化史

古代から目をひいたらしく、柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)は『万葉集』で「み熊野の浦の浜木綿百重(ももへ)なす心は思へどただに逢(あ)はぬかも」(巻4・496)と詠んだ。『枕草子(まくらのそうし)』では「草は」のなかに浜木綿が4番目に名を連ねる。平安時代、大臣の大宴には、この葉で鳥料理を包んだ。葉柄は乾かすと粗いが強い紐(ひも)になり、台湾のヤミ族は石灰を入れた壺(つぼ)をそれでぶら下げた。また、バタン島では葉をいぶして、蚊遣(かやり)に使った。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハマユウの関連キーワード志摩(福岡県の地名)豊後水道県立自然公園宮崎ハマユウポーク有毒植物による中毒日豊海岸国定公園ウスカワマイマイ伊勢志摩国立公園三河湾国定公園高島(大分県)大分県佐伯市宮崎県の要覧ヒガンバナ科宮崎[県]かんしょ豚返り咲き四季咲岬志摩半島浜木綿神集島米水津

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハマユウの関連情報