コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハモンド・オルガン Hammond organ

翻訳|Hammond organ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハモンド・オルガン
Hammond organ

楽器の一種。 1934年にシカゴの L.ハモンドが発明した電気オルガン。電磁気を利用してコイルの中に振動を起し,これを拡声機に連結して音を混合,拡大するもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハモンド・オルガン

電気楽器の一つ。米国の時計製作者L.ハモンド〔1895-1973〕によって1929年に発明(特許1934年)され,その後の改良を経て,一時は電子オルガンの代名詞ともなる人気を得た。
→関連項目オルガン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハモンド・オルガン
はもんどおるがん
Hammond organ

アメリカの発明家ローレンス・ハモンドLaurens Hammond(1895―1973)が1929年に発明、1934年に特許を得た電子楽器。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハモンド・オルガンの言及

【電気楽器】より

…(2)機械的回転を電気振動に変換しているもの。トーンホイールによる発電機を用い,電子回路で音色を合成しているハモンド・オルガンが代表的であるが現在は製造を中止している。(3)発振も電子回路で行い,種々の効果を電子回路で付加しているもの。…

※「ハモンド・オルガン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハモンド・オルガンの関連キーワードオンリー・ア・ノーザン・ソングローレンス ハモンドグレッグ レークジェネシスベンソンスミス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android