コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハヤシライス ハヤシライス

4件 の用語解説(ハヤシライスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハヤシ‐ライス

《〈和〉hashed+riceとも、考案者の名前からともいう》油でいためた牛肉・タマネギジャガイモなどに、ブラウンソースまたはトマトピューレ小麦粉を加えて煮込み、飯にかけた日本独特の洋風料理。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ハヤシライス

薄切りにした牛肉とたまねぎを炒めてブラウンソースで煮込み、飯にかけた洋風料理。明治期に西洋から伝わったハッシュドビーフが、日本風にアレンジされたものとされる。◇「ハッシュドビーフ(hashed beef)」にヒントを得た和製語。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ハヤシライス

hashed beef with rice からか〕
牛肉の薄切りとタマネギなどの野菜をいため、ブラウン-ソースで煮込んで、飯の上にかけた洋風の料理。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハヤシライス
はやしらいす

日本式西洋料理で、明治時代に始められたといわれる。牛肉の細(こま)切れを使った西洋料理のハッシュドビーフhashed beefが日本語風にハヤシライスとよばれたといわれ、カレーライスと並んで日本化した代表的な料理である。作り方は、薄切りタマネギと牛肉をバターかサラダ油でさっと炒(いた)め、塩、こしょう、シェリー酒か白ワイン、トマトケチャップ、ドミグラスソースなどを入れて煮立てる。しょうゆ、日本酒などを使うと日本風味となる。これを温かい飯に添えて供する。[小林文子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハヤシライスの関連キーワードビーフビーフカツレツマリンビーフハッシュドポテトwithサニーwithチャンスagainst and withbeef tallowdeath with dignityTreaty of peace with Japan

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハヤシライスの関連情報